編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

MS、無料サービス「Silverlight Streaming」を中止し、有料の「Azure」に移行

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-10-20 08:50

 Microsoftは2009年内に無料サービス「Silverlight Streaming」を停止して、「Azure」ベースの有料ホスティングサービスに切り替える計画だ。

 LiveSide.Netが米国時間10月18日付で公開した記事についてMicrosoftに確認したところ、これを認めた。この記事は、MicrosoftのSilverlight Streamingチームのブログをベースにしたものだ。Silverlight Streamingは、「Windows Live」(ベータ)で提供するサービスで、音声/動画コンテンツのホスティングを支援するものだ。Microsoftは同サービスを、リッチメディアの配信と規模を実現するSilverlightのセットサービスと位置づけていた。

 MicrosoftはSilverlight Streamingを停止すると述べているが、時期については明らかにしていない。

 「2009年中に新しいWindows Azureベースのホスティングと配信サービスがスタートする。これはSilverlight Streamingをそのまま置き換えるものではなく、利用にはコストが発生する」とSilverlight Streamingチームは述べている。

 Microsoft側は、「現在もちゃんと存続」しており、10月8日にリリースしたばかりの「Smooth Streaming」とSilverlight Streamingの2つのサービスは異なることを強調した。

 11月16日に米ロサンジェルスで開催する「Professional Developers Conference(PDC)」の初日に、MicrosoftはAzureを正式版にすると予想されている。Microsoftがその際、Silverlight Streamingの中止について何かコメントするかどうかはわからない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]