TIS、IFRS支援サービス提供--コンサルからシステム導入、維持改善まで支援

田中好伸(編集部)

2009-10-26 19:54

 TISは10月26日、国際会計基準(IFRS)対応で発生する業務課題やシステム課題を整理、解決策を提供する「IFRS支援サービス」を開始することを発表した。今後3年間で売上高50億円を目指す。

 IFRS支援サービスは、(1)IFRSアセスメント企画立案サービス、(2)IFRSコンサルティング支援サービス、(3)PMO支援サービス、(4)IFRSシステム導入支援サービス、(5)IFRS維持改善支援サービス――からなっている。

 (1)のアセスメント企画立案では、影響調査票を使ってIFRS適用での影響分析、具現化を行う。また、専門コンサルタントがヒアリングでIFRS対応での影響、対応方針、推奨スケジュールを提供する。

 (2)のコンサルティング支援は、IFRSの解釈に関するアドバイスや全社経理規定の策定、レビュー、IFRS教育支援など、IFRS導入での全般的なコンサルティングを展開する。(3)のPMO支援は、ユーザー企業の立場に立った企業内部からのIFRS導入プロジェクトを推進、支援していく。

 (4)のシステム導入支援は、統合基幹業務システム(ERP)や連結会計システム導入でユーザー企業の状況を考慮した最適な業務プロセス、システムを提案する。ERPとしてSAP ERP、Oracle E-Business Suite、JD Edwards、連結会計ではSAP BusinessObjects Financial Consolidation、Hyperion Financial Management、DivaSystemに実績があるとしている。(5)の維持改善支援は、IFRSの基準改正に伴う維持改善、業務の標準化、グループ会社の拡大計画などの点で支援していく。

 同サービスにあわせて、ERPや会計システムに精通したコンサルタントを社内の各部門から集めた特別プロジェクト「IFRSビジネス推進チーム」を発足。同サービス提供に向けて社内体制を整えて、IFRS支援の窓口を一元化している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]