編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

シマンテック、SMB向けバックアップ製品を発表--パートナー戦略も強化 - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-11-04 19:40

 河部本氏は、「富士通の提供するPCサーバ『PRIMERGY』はグローバルでのシェアが4%。このシェアを2ケタ台にまで伸ばすことができればサーバシェアのベスト3に入れるだろう。すでに大企業ではPRIMERGYが幅広く導入されており、今後の課題はSMBだと感じている。これはシマンテックが強化していく市場とも一致しているため、今後より深く協業し、双方がWin-Win関係になるようにしたい」と述べた。

中小企業もデータ保護対策を

 シマンテックが同時に発表したBackup Exec System Recovery 2010は、社員規模が100人以下または売上げ規模が50億円以下、サーバの台数が1〜4台程度で専任のIT管理者が不在のSMBをターゲットとした製品だ。

 Backup Exec System Recovery 2010は、新たに「Microsoft Windows 7」や「Microsoft Exchange 2010」、「Microsoft Windows Server 2008 R2」などの最新OSをサポートしたほか、「VMware vSphere 4.0」、「Microsoft Hyper-V Server 2008 R2」、「Citrix XenServer 5.x」などの仮想環境もサポートする。また、12月にはLinux版の販売も開始する予定だ。

 Backup Exec System Recovery 2010では、新たな管理環境「Backup Exec System Recovery Management Solution」も無償で提供される。例えば、チャネルパートナーが顧客企業のバックアップ環境にVPN接続し、リモート制御やバックアップ業務、ポリシー設定、パッケージインストールおよびアップグレードなどができるようになる。

 新バージョンでは、価格の値下げも実施している。それぞれのエディションの価格は以下の通りだ。

  • Backup Exec System Recovery Server Edition: 1サーバあたり15万3800円
  • Backup Exec System Recovery Basic Edition: 1サーバあたり9万7200円
  • Backup Exec System Recovery Windows Small Business Server Edition: 9万7200円
  • Backup Exec System Recovery Desktop Edition: 1デスクトップあたり1万2200円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]