編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

ARやデジタルサイネージをオフィスで使うと何ができる?--UCHIDA FAIR 2010見どころレポート - 13/26

大河原克行

2009-11-04 10:16

 内田洋行は、11月4日〜6日、同社の潮見オフィスにおいて、プライベートイベント「UCHIDA FAIR 2010 in 東京」を開催する。一般公開に先駆け、報道関係者を対象に内覧会を開催した。
 今回のフェアのテーマは「ICTを活用したオフィスづくり」。ICT、空間、情報コンテンツを融合し、ワークプレイスが抱える課題解決に向けて、「場」の力を最大化するソリューションの提案を行うとしている。
 内田洋行社長の柏原孝氏は、「経済状況の急激な変化や、ICTの進化などにより、ビジネススタイルやコミュニケーションスタイルが大きく変革し、オフィス家具のあり方が変わってきた。今年で創業99年目を迎えた当社は、ICTを活用したユビキタス・プレイスへの挑戦を掲げており、これがいよいよ具体化してきた。このイベントを通じて、どんな利用価値があるのかをぜひ見てもらいたい。古き良き伝統を守り、それを現在につながるものに高めていきたい」と語った。
 UCHIDA FAIR 2010 in 東京は、同社潮見オフィスの9階をメイン展示コーナーに、1階、5階、8階を利用して開催されており、同オフィスそのものがショーケースとなっている。
 ここでは、写真を通じて、UCHIDA FAIR 2010 in 東京の見どころを紹介しよう。
 AR(Augmented Reality、拡張現実)と呼ばれる技術を活用する試み。実際の画像にバーチャル画像を重ね合わせることでプレゼンテーションを手軽に、そして効果的に行える。手前で持っているボードには図面が書いてあるだけだが……

 AR(Augmented Reality、拡張現実)と呼ばれる技術を活用する試み。実際の画像にバーチャル画像を重ね合わせることでプレゼンテーションを手軽に、そして効果的に行える。手前で持っているボードには図面が書いてあるだけだが……

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]