編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アイネットと富士通SSL、クラウド見据えデータセンターの運用監視で連携

冨田秀継(編集部)

2009-11-04 11:49

 アイネットは6月に新設した第2データセンターで、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)の運用監視システムを採用した。両社は11月4日、この採用を契機にデータセンター分野で連携することを発表した。

 両社は、アイネットのデータセンターに富士通SSLの運用監視システムを組み合わせ、データセンター運用監視サービスの自動化や仮想化サービスの品質向上、ITコスト削減と増加の抑制に取り組むとしている。

 アイネットの第2データセンターは、高まるクラウドコンピューティングのニーズに対応するために新設された。10月には仮想化環境の運用代行機能とPaaS機能を提供する「仮想化運用代行センター」(Virtualization Operation Center)を同センター内に開設している。今後は、仮想化システムの設計、構築、運用、監視、プライベートクラウドをワンストップで提供する「仮想化オール・イン・ワン サービス」(Virtualization All in One Services、VAiOS)の拠点として、クラウドサービスの提供を本格化したい考えだ。

 富士通SSLの運用監視システムは、オープンソースのシステム監視ソフト「GroundWork Monitor」を活用しており、同社独自の機能も追加している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]