編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立情報、自治体向けSaaS発表--小規模な自治体向けに規模別サービスを用意

冨田秀継(編集部)

2009-11-04 21:12

 日立情報システムズは11月4日、電子自治体ソリューション「e-ADWORLD2」をSaaSで提供することを発表した。従来の導入型サービスに加えて、同社のデータセンターを利用する共同利用型の「e-ADWORLD2/SaaS」を用意し、小規模な自治体を中心に提供する。2010年1月から住民情報および税の分野で順次提供を始める予定で、当初は関東と九州地区に限定してサービスを提供する。

 e-ADWORLD2/SaaSは「単独自治体向けSaaS」と「広域共同体向けSaaS」の2種類のサービスを用意。自治体の状況に応じて選択が可能となっている。

 日立情報システムズでは、標準的な自治体業務の機能を備えた標準版システムを共同利用することで、法改正への対応を含め運用コストを低減できるとしている。また、ハードウェアやソフトウェアは日立情報システムズが管理するため、自治体職員の運用管理負荷を軽減するという。そのほか、災害時のリカバリサービスにも対応する。

 同社では、業務システムの早期導入、低コスト化という自治体のニーズに対応するため、仮想化技術とSaaS構築技術、データセンター運用技術を活用してe-ADWORLD2/SaaSを開発。2013年3月までに100団体でのサービス提供を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]