編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

NEC、グループ共通基盤をクラウド志向で再構築--矢野社長が事業改革を説明

大川淳

2009-11-05 21:00

 NECの最新技術、製品、事例などを広く紹介する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2009」が11月5日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで開幕した。今年のテーマは「明日を創るイノベーション〜人と地球にやさしい情報社会を目指して〜」。

 初日の基調講演にはNEC代表取締役 執行役員社長の矢野薫氏が登壇、イベントのテーマを表題に、未来を見据えたNECの戦略と、企業や日本の将来像にまで言及した。

「現在は明治維新と敗戦時に次ぐ変革期」と矢野社長

矢野薫氏 矢野薫氏

 この1年、米国の金融危機に端を発した経済不況が世界中に波及するなか、新興国の存在感が増すとともに、環境とエネルギー対策の重要性が高まるなど、激しい変化が起きている。

 矢野氏はこれを踏まえ、「日本にとっても明治維新と敗戦時に次ぐほど、100年に1度の大きな変革期」と述べ、これに対処するためには「スピードと柔軟性が必要であり、企業は社会の抱える課題に積極的に取り組むべきで、それにはイノベーションが求められる」と話す。

 一方、いま、企業が直面している課題は、以下のようなものがあげられる。

  • グローバル化する競争の激化
  • 社会的責任をいかにして果たすか
  • 情報システム部門の洗練化と効率化

 特に「情報システム部門の役割はいままで以上に重くなる。経営戦略と一体になったIT戦略が必要」になると矢野氏はいう。

事業構造、業務プロセス、ITシステム--NECはどう改革したか?

 課題解決に向けたキーワードとして、矢野氏はまず「業務プロセスの改革」を挙げる。これには、シンプル化、グローバルおよび企業グループ内での統一化や標準化、情報の一元化、見える化が軸となる。このような改革を支えるのはITだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]