編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ベライゾンビジネス、仮想私設LANサービスを国内で提供--世界31カ国に拠点

田中好伸(編集部)

2009-11-05 21:58

 法人向けにネットワークサービスを提供するベライゾンビジネスは11月4日、仮想私設LANサービス(Virtual Private LAN Service:VPLS)の日本国内での提供を開始したことを発表した。

 ベライゾンビジネスのVPLSは、イーサネットの簡易性とMPLS(Multi Protocol Label Switching)の柔軟性を組み合わせることで、企業は既存のLANから低コストに、高効率でWANのメリットを活用できるとしている。MPLSを使用した第2層の仮想私設網(VPN)として、同社のグローバル・プロビジョニング・イーサネットプラットフォームを通して提供され、複数拠点の接続が必要な企業にとって理想的なものとしている。VPLSはプロトコルに依存せずにIP系と非IP系の両方のアプリケーションをサポート、ユーザー企業はそれぞれのルーティングを管理することが可能になるという。

 通信品質の保証や帯域確保などを実現するQoS(Quality of Service)技術の一種であるCoS(Class of Service)を通してアプリケーションの優先順位を決定できることから、統合されたネットワークにとって最適なプラットフォームだとしている。優先順位をカスタマイズして、ネットワーク全体でビジネスクリティカルなアプリケーションを最優先にすることができる。VoIPやビデオなど待ち時間が重要なトラフィックには理想的なサービスとしている。

 またVPLSでは、ネットワークの帯域幅を1秒間に1Mbpsから1Gbps以上まで設定できることから、音声やデータのトラフィック効率とコスト効果が向上し、サービス品質保証(SLA)によって通信事業者クラスと同等のWANサービスを利用できるとしている。

 VPLSはベライゾンビジネスが2007年から米国で展開しており、今回は日本も含めた31カ国にサービスエリアを拡大させている。日本国内では、KDDIやNTT ComがVPLSを展開しているが、ベライゾンビジネスは、「ベライゾンのVPLSは世界31カ国で展開すると同時に、メッシュ型ネットワーク上で冗長性の高い構成を取れるという点で優位性がある」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]