編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

インフォア、“二重帳簿なIFRS”に対応する「複数元帳」機能を提供へ - (page 2)

田中好伸(編集部)

2009-11-06 20:06

 一方の管理会計では、セグメント管理と予算管理がIFRSの影響を受ける。また、業績管理では、主要業績評価指標(KPI)が設定されるが、このKPI自体もIFRSに基づいたものになる。

 IFRSは、企業グループ全体の状況を連結財務諸表として表すことが基本だ。それでは、現在の企業グループの連結管理会計がどのように作成されているかというと、笹氏によれば、主に2つのパターンに分類されるという。

 1つめが、“手作業”パターンと呼べるものだ。このパターンでは、欧州や米州、アジア太平洋などの各拠点ごとにシステムが異なっており、連結財務諸表作成に必要とされるデータや情報は、各拠点からExcelやCSVといった形で日本の本社に集約され、本社内での財務経理部門で手作業で元帳変換、集計されてから、グループの連結会計としてまとめるというものだ。

 手作業パターンでは、各拠点からの情報が要約されたものであるために、実態を表していなかったり、タイムラグのある情報になっていたりといった問題を抱えている。また今後、各拠点からの細かいセグメントコードを持ちながらの管理会計に対応ができるかどうかという問題も内在している。

 2つめが、“グローバルシングルインスタンス”と呼べるパターンだ。グループ本社で稼働するERPに各拠点のシステムを集約したものだ。このパターンでは、ERPそのものが巨大なシステムであることから、グループ企業すべてへのロールアウトが難しいという課題を抱えている。また、IFRS対応でアプリケーションのアップグレードが必要になるということも想定される。さらには、IFRS適用後M&Aを行ったときに、企業体の変化にシステム全体として追従できないという課題も抱える可能性があるとしている。

 これら2つのパターンに対する“回答”としてインフォアが提供するのが、Open SOAと、そのコンポーネントであるAGLだ。グループ内で拠点ごとにERPや会計システムが異なっていても、SOAの疎結合で、連結会計システムの仕組みを構築するという形態と言える。各拠点の企業で取引が行われ、その都度ERPで発生する仕訳データを、イベントドリブンのコンポーネントであるOn-Rampが吸い出して、その仕訳データがAGLで複数元帳に記帳されるという仕組みだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]