電機大手の2009年度上期決算に見る「回復基調」の信頼度

大河原克行 2009年11月09日 10時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年度上期(2009年4月〜9月)の電機大手9社の決算が出そろった。

 第2四半期の決算においては、8社が営業黒字を計上。第1四半期連結決算では8社が営業赤字であったことに比べると、回復の兆しが見られる内容となった。唯一赤字決算となったソニーも、7月公表値を上回る実績となったことから、通期業績見通しを上方修正。通期での営業損益は赤字のままとするものの、500億円増とした。

 また、パナソニックでも、「前年同期に比べると大幅な減収減益だが、売り上げ、利益ともに修正公表値を上回った。第2四半期は3四半期ぶりの営業黒字となり、昨年度第4四半期をボトムに大きく回復した。これを受けて、年間業績見通しを上方修正する」(パナソニック社長の大坪文雄氏)とした。

 このように、第2四半期業績は、各社とも回復基調にあるように見えるのだ。

 だが、これが経済環境の回復を背景にしたものとは言い難い。むしろ、手放しで喜ばずに、慎重に見なくてはならない。というのも、予想を上回る実績となった要因として各社が異口同音に語るのは、構造改革効果によるものとしているからだ。

 シャープでは、年間経費削減目標として2000億円を掲げているが、上期までで1191億円の経費削減を達成。すでに60%の進捗率となっている。また、NECでも固定費削減効果は1492億円となり、やはり進捗率は55%に到達。「通期の固定費削減目標として200億円を上乗せし、2900億円の固定費削減を目指す」(NEC社長の矢野薫氏)とする。

 さらにパナソニックでも、年間2600億円の固定費削減目標に対して、実に80%にあたる2093億円の削減を上期で達成。損益分岐点を14%引き下げることができたという。損益分岐点の引き下げは、そのまま利益に直結する。パナソニックの場合、2008年度に比べて売上高が10%落ちても増益できる体質になったというわけだ。

矢野氏、大坪氏 決算会見に臨む、NEC社長の矢野薫氏(左)と、パナソニック社長の大坪文雄氏(右)。両社とも経費削減の努力が、2009年上期の決算に数字として表れた。

 一方、IT領域における動きはどうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算