編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

MS、「Windows 7」移行支援ツールの配布を中止

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉

2009-11-11 12:08

 ネットブックへの「Windows 7」のインストールを簡便化することを目的としたツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」が、オープンソースコードの不適当な利用につながるとの指摘を受け、Microsoftは同ツールの配布を中止した。

 Microsoftは米国時間11月10日、この問題を調査しているところだが、すでにWUDTを取り下げたと述べた。この問題は、Windowsの話題を扱うブロガーのRafael Rivera氏が11月6日、自身のブログ「Within Windows」の中で提起したものだ。

 Rivera氏はブログ投稿の中で、MicrosoftはオープンソースライセンスGNU General Public License version 2(GPLv2)のもとで公開されている「ImageMaster」というツールからコードを使用しているようだと述べた。GPLv2は他のオープンソースライセンスと同様、他者がコードを自由に使用することを認めているが、コードに施したすべての修正を共有するなど、独自の使用条件をいくつか定めている。

 Microsoftは、この問題の検討に着手したことと、オンラインの「Microsoft Store」でWUDTをすでに削除し、調査が完了するまで配布しないことを認めた。

 Microsoftは声明で次のように述べた。「当社は現在この問題を調査しているところで、見直しが完了するまで、Microsoft Storeサイトから(Windows 7にアップデートする)ツールを取り下げておく。当社の顧客に不便をおかけすることを陳謝する」

 若干の問題を含むとはいえ、WUDTは重要なツールだ。というのも、光学式ドライブを搭載していないネットブックなどのPCで、OSをアップグレードする際の技術的な難題を解決するからだ。

 Microsoftは数カ月にわたり、ユーザーが「Windows XP」ベースのネットブックをWindows 7に移行させることを支援するさまざまな方法を模索してきた。Windows 7と同じく10月22日にリリースされたWUDTにより、ユーザーはダウンロード可能なOSのファイルを取り込んで、起動ドライブを作成できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]