編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

BSP、帳票システム構築ミドルウェア最新版--データ連携の効率化図る

田中好伸(編集部)

2009-11-13 20:00

 ビーエスピー(BSP)は11月13日、帳票システム構築ミドルウェアの最新版となる「SmartConductor Ver1.3」の販売を開始したことを発表した。

 Ver 1.3では、帳票システム開発や他システムとの統合で要となる、データ連携をより効率化するデータ振り分けプラグイン機能を追加した。システム構築での開発工数やコスト削減に貢献できるとしている。

 また、大規模印刷や高速印刷を必要とする帳票システム環境下、同社の帳票サーバ「DURL」(デュール)との連携で、効率的な帳票生成や制御を行う機能を搭載。バッチ印刷やオンライン印刷でのプリンタやPDF、ROF(Report Object File)といった出力デバイスの振り分けを容易に実現できるとしている。

 Ver 1.3に搭載された機能として、メール送信プラグインを搭載している。SmartConductorに投入されたファイルを帳票ファイルの形にして、直接メールに添付して送信できるようになっている。また、複数多重度で投入されたジョブの順番を守る追い越し防止機能、ジョブの処理に失敗したときのエラー復旧機能も追加されている。

イメージ図 SmartConductor Ver1.3とDURLのシステム連携イメージ図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]