編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ロジックシステム、「時間単位」の有休処理が可能な休暇管理ソフト発売

ZDNet Japan Staff

2009-11-16 14:07

 ロジックシステムは11月16日、改正労働基準法に対応した「時間単位」の有給休暇取得管理を可能にする業務ソフト「休暇速人(きゅうかはやと)」を発表した。

 同製品は、従業員の「休暇管理」に特化したソフトウェア。入社日を基準とした有休付与や、就業規則に合わせた有休付与をが行え、有休の定期付与と有効期限切れによる消滅処理が一括して行えるほか、休日出勤に対する代休取得管理、特別休暇の取得履歴の登録管理等が行える。

 また、2010年4月1日から施行される改正労働基準法の「時間単位有給休暇取得」に対応。休暇取得の単位を1時間や1分単位で扱え、1日休暇、半日休暇、4分の1休暇、1時間休暇、30分単位休暇等の管理が可能だ。

 同社の提供する業務ソフトウェアシリーズ「足軽速人」の「勤怠情報管理」との休暇取得実績データ連動も可能となっている。

 動作環境は、Windows 7、Vista、XP、Windows Server 2003以上。価格は21万円。追加ライセンスは10万5000円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]