編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

オラクル、パートナー向け新制度導入--企業買収による製品拡充へ対応

田中好伸(編集部)

2009-11-19 14:21

 日本オラクルは11月19日、パートナー企業向け制度「Oracle PartnerNetwork(OPN、英語)」を刷新し、新制度「Oracle PartnerNetwork Specialized(OPN Specialized、英語)」を2010年2月から導入すると発表した(日本語版は2010年2月以降を予定)。

 OPN Specializedは、データベース(DB)製品の支援を中核とした従来のパートナー制度から、これまでの企業買収で拡充されてきたミドルウェアやアプリケーション、インダストリー分野まで支援の範囲を拡大させたパートナー企業向けの新制度。

 新制度は、これまでの企業買収による製品ポートフォリオの拡充に柔軟に対応できることを念頭に、パートナー企業のオラクル製品を活用した専門性強化の支援、ユーザー企業の課題解決に最適なパートナー企業とオラクルソリューションの選択支援、オラクル製品に積極投資するパートナー企業のプロモーション支援――などを目的にしている。

 OPN Specializedでは、専門性強化を支援するためにオラクルの主力製品やインダストリー分野を中心に約30種類の専門領域カテゴリとして「Specialization」を新設。Specialization別の認定制度を導入する。パートナー企業はアプリケーション製品などの販売で、Specializationの取得が必要になる。

 Specializationは、ユーザー企業事例などのビジネス面と、オラクル製品やソリューションの専門家としてのコンピテンシ面で評価される。オラクルでは、パートナー企業のSpecialization取得を支援するために、技術者向けのトレーニングなどの支援を強化していくとしている。

 パートナー企業の専門領域とSpecializationの数に応じて(1)Silver(2)Gold(3)Platinum――という3つのパートナーレベルが設定される。

 Silverが取り扱える製品は、DBなどのテクノロジー製品のStandard EditionやStandard Edition Oneに限定され、Specializationは必要ない。GoldとPlatinumが取り扱える製品はテクノロジー製品を含むすべての製品になる。ただ、GoldはSpecializationの取得が4種類までで、Platinumは5種類以上のSpecializationを取得できる。

 OPN Specializedは、パートナー企業が取り扱う製品やソリューションの数にあわせて、さまざまな技術や資格を取得できる「Oracle University」の割引、技術者認定資格「ORACLE MASTER」受験チケットの無償配布などの特典を提供するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]