RSUPPORT、簡易VPN機能を搭載した遠隔コントロールツールの新製品

ZDNet Japan Staff

2009-11-25 19:48

 韓国ソウル市に本社を置き、PCの遠隔サポートシステムの開発およびSaaS形式でのサービス提供を行っているRSUPPORTは11月25日、リモートコントロールツールの新製品「RemoteView 5」を発表した。日本での販売開始は12月1日。

 「RemoteView 5」は、リモートアクセス、リモート監視、リモート保守、リモートコラボレーションに必要な機能を統合した製品。リモート作業での利便性を高めるため、別途VPN環境を用意しなくても、エージェントをクリックするたけでVPNトンネルを作れる「インスタントVPN(iVPN)」機能を搭載しているという。iVPNとデスクトップ共有機能を組み合わせて利用することで、遠隔地のPCとのネットワークドライブの連結や、リモート環境のバックエンドにあるサーバリソースなどの操作が可能になる。リモートコントロール分野でのiVPN機能の搭載は業界初という。

 また、新バージョンでは1つのエージェントに対して、複数のユーザーやグループからコントロールができるアクセスポリシー設定機能を搭載した。この機能を「Windows Server 2008 Hyper-V」やVMwareの仮想化製品とを組み合わせることで、簡易シンクライアントソリューションを実現することも可能という。

 そのほか、エージェントを仮想グループに登録してリモートでのモニタリングを行う「Live View」機能や、インテルvProテクノロジのRWT(Remote WakeUp Technology)、AMT(Active Management Technology)を利用したリモート電源管理機能などを新たに搭載している。

 RSUPPORTでは、これらの新機能の搭載により、Windows OSを搭載したPOS、ATMなどの専用業務端末の保守や管理、多数のサーバや製造現場PCの監視、保守会社のリモートサポート、簡易シンクライアントの運用、情報システム部でのPCの電源操作など、さまざまな業務に対応できるとしている。

 RemoteView 5の稼働環境は、サーバOSがWindows Server 2003および2008、コンソール用OSとしてWindows XP SP3以上となっている。価格は、10エージェントパックのサーバライセンスが12万5000円より。同社では、RemoteView 5について、2011年末までに10万エージェントの販売を見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]