編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフトのSQL Server新戦略--「クラウドとオンプレミスをシームレスに」

大川淳

2009-11-26 11:06

 マイクロソフトは、データベース製品「Microsoft SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の提供を11月25日に開始した。

 SQL Server 2008 R2では、クラウドと企業内システムのシームレス化、超大規模並列処理への対応などに重点が置かれているという。製品版の提供開始は、2010年上半期になる予定だ。今回のCTPは、SQL Server 2008 R2の日本語プレビュー版であり、製品版に搭載される、すべての機能を事前に検証することができるという。

五十嵐光喜氏 マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部業務執行役員本部長の五十嵐光喜氏

 新バージョンは、「クラウドコンピューティングと、企業内データセンターとをシームレスに、単一のアーキテクチャでつなぐこと」(マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部業務執行役員本部長の五十嵐光喜氏)を目的した「データプラットフォーム製品」と位置づけられ、パブリッククラウド側の要となる製品として「SQL Azure」が配置される。こちらのプレビューは既に提供開始されており、2010年2月ごろに商用課金が開始となる予定だ。

 開発環境の面では、複数のデータベースサーバが1つの仮想アプリケーション空間として扱われることになる。同社では、これにより、開発者はアプリケーションがどのサーバで稼働するかを意識したプログラミングを行う必要がなくなるとしている。また、管理者は個々のサーバのワークロードを管理しなくてすむようになり、中央管理用機能を利用することで複数サーバの一元管理が実現する。

 五十嵐氏は「オンプレミスで行くか、クラウドに踏み込むか、企業は、10年後まで見据えて考えなければならないが、マイクロソフトのSQLは、オンプレミス側のSQL Serverと、クラウド側のSQL Azureがシームレスになっているので、現在の投資が保護される。開発環境も統一されている」と指摘。クラウドへの移行を円滑化するとともに、企業には、段階的な展開ができるよう選択肢を設けたことが利点であるとの考えを示した。

 SQL Server 2008 R2とSQL Azureの機能強化における大きな特徴は、超大規模環境への対応だといえる。超大規模並列処理(MPP:Massive Parallel Processing)機能により、大量のコンピュータノードを並列稼動させ、数十テラバイトから数百テラバイトまでの大容量データを高速に処理することができる「SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouseエディション」を用意した。これは、データウェアハウス(DWH)構築専用のエディションとなり、サーバやストレージなどのハードウェアとの組み合わせによるDWHアプライアンスソリューションとして提供される。

 拡張性向上の点では、最大で256論理プロセッサまでのスケールアップに対応した「SQL Server 2008 R2 Datacenterエディション」を追加している。

 「セルフサービスBI」も注目される点だ。ここでは「PowerPivot」が中核となる。PowerPivotはインメモリBIで、圧縮された多次元データベースを用い、大量なデータをデスクトップで超高速に分析することが可能だ。企業内エンドユーザーが、専門のIT技術者の助けを借りずに、多様なデータソースを自由に加工、分析できることが大きな特徴だ。

 また、セルフサービスBIは、「Microsoft Office Excel 2010」に完全に統合されており、複数のデータソースを横断的に分析できるほか、Excelの上限である100万行を超えるデータを分析することも可能だ。さらに、作成された分析ワークブックは「Microsoft SharePoint 2010」と連携し、全社員と共有することができる。SharePoint側では、ワークブックの共有制御を行う機能もあり、セキュリティ面にも配慮している。

 加えて、SQL Server 2008 R2を実証的に評価し、品質向上を図るためのプロジェクト「Center of Quality Innovation(CQI)」を、新日鉄ソリューションズ、NEC、日本ユニシス、富士通の4社と共同で実施する。CQIプロジェクトは、企業の実際のSIプロジェクトを想定したシナリオを用意し、これを基盤に、各社とマイクロソフト本社の製品開発チームが連携して行っていく取り組み。

 また今回、同プロジェクトが実施されている「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」に、製品開発完了後も拠点を常設する。同プロジェクトで使用された実証環境を維持し、検証のためのProof Of Concept(PoC)作業を無償で実施できる環境を提供する予定だ。

SQL Serverのロードマップ SQL Serverのロードマップ。オンプレミスの「SQL Server」とクラウドの「SQL Azure」が並立し、双方をシームレスに統合することを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]