マイクロソフトのSQL Server新戦略--「クラウドとオンプレミスをシームレスに」

大川淳 2009年11月26日 11時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、データベース製品「Microsoft SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の提供を11月25日に開始した。

 SQL Server 2008 R2では、クラウドと企業内システムのシームレス化、超大規模並列処理への対応などに重点が置かれているという。製品版の提供開始は、2010年上半期になる予定だ。今回のCTPは、SQL Server 2008 R2の日本語プレビュー版であり、製品版に搭載される、すべての機能を事前に検証することができるという。

五十嵐光喜氏 マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部業務執行役員本部長の五十嵐光喜氏

 新バージョンは、「クラウドコンピューティングと、企業内データセンターとをシームレスに、単一のアーキテクチャでつなぐこと」(マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部業務執行役員本部長の五十嵐光喜氏)を目的した「データプラットフォーム製品」と位置づけられ、パブリッククラウド側の要となる製品として「SQL Azure」が配置される。こちらのプレビューは既に提供開始されており、2010年2月ごろに商用課金が開始となる予定だ。

 開発環境の面では、複数のデータベースサーバが1つの仮想アプリケーション空間として扱われることになる。同社では、これにより、開発者はアプリケーションがどのサーバで稼働するかを意識したプログラミングを行う必要がなくなるとしている。また、管理者は個々のサーバのワークロードを管理しなくてすむようになり、中央管理用機能を利用することで複数サーバの一元管理が実現する。

 五十嵐氏は「オンプレミスで行くか、クラウドに踏み込むか、企業は、10年後まで見据えて考えなければならないが、マイクロソフトのSQLは、オンプレミス側のSQL Serverと、クラウド側のSQL Azureがシームレスになっているので、現在の投資が保護される。開発環境も統一されている」と指摘。クラウドへの移行を円滑化するとともに、企業には、段階的な展開ができるよう選択肢を設けたことが利点であるとの考えを示した。

 SQL Server 2008 R2とSQL Azureの機能強化における大きな特徴は、超大規模環境への対応だといえる。超大規模並列処理(MPP:Massive Parallel Processing)機能により、大量のコンピュータノードを並列稼動させ、数十テラバイトから数百テラバイトまでの大容量データを高速に処理することができる「SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouseエディション」を用意した。これは、データウェアハウス(DWH)構築専用のエディションとなり、サーバやストレージなどのハードウェアとの組み合わせによるDWHアプライアンスソリューションとして提供される。

 拡張性向上の点では、最大で256論理プロセッサまでのスケールアップに対応した「SQL Server 2008 R2 Datacenterエディション」を追加している。

 「セルフサービスBI」も注目される点だ。ここでは「PowerPivot」が中核となる。PowerPivotはインメモリBIで、圧縮された多次元データベースを用い、大量なデータをデスクトップで超高速に分析することが可能だ。企業内エンドユーザーが、専門のIT技術者の助けを借りずに、多様なデータソースを自由に加工、分析できることが大きな特徴だ。

 また、セルフサービスBIは、「Microsoft Office Excel 2010」に完全に統合されており、複数のデータソースを横断的に分析できるほか、Excelの上限である100万行を超えるデータを分析することも可能だ。さらに、作成された分析ワークブックは「Microsoft SharePoint 2010」と連携し、全社員と共有することができる。SharePoint側では、ワークブックの共有制御を行う機能もあり、セキュリティ面にも配慮している。

 加えて、SQL Server 2008 R2を実証的に評価し、品質向上を図るためのプロジェクト「Center of Quality Innovation(CQI)」を、新日鉄ソリューションズ、NEC、日本ユニシス、富士通の4社と共同で実施する。CQIプロジェクトは、企業の実際のSIプロジェクトを想定したシナリオを用意し、これを基盤に、各社とマイクロソフト本社の製品開発チームが連携して行っていく取り組み。

 また今回、同プロジェクトが実施されている「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」に、製品開発完了後も拠点を常設する。同プロジェクトで使用された実証環境を維持し、検証のためのProof Of Concept(PoC)作業を無償で実施できる環境を提供する予定だ。

SQL Serverのロードマップ SQL Serverのロードマップ。オンプレミスの「SQL Server」とクラウドの「SQL Azure」が並立し、双方をシームレスに統合することを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]