編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

SCS、SAPユーザー企業向けクラウド基盤サービスを提供

田中好伸(編集部)

2009-11-26 17:15

 住商情報システム(SCS)は11月26日、自社データセンター「netXDC」でSAP製アプリケーションを稼働させるインフラ環境をオンデマンドで提供するサービスを開始したことを発表した。サーバやストレージ、ネットワークで構成されるインフラを仮想化して提供する。

 SAP製アプリケーションのユーザー企業は、今回のサービスを利用することでIT資産の削減や構築期間の短縮、バージョンアップ作業での柔軟性向上、低コストでの災害復旧(DR)サイトの構築ができるようになり、総所有コスト(TCO)削減とSAP製アプリケーションのより高度な利用が同時に実現できるとしている。

 今回のサービスは、SAP製アプリケーションを活用しているユーザー企業向けに、netXDCの仮想サーバ上に稼働環境とDR環境を提供する。仮想サーバ環境の導入や移行、運用も支援する。

 稼働環境のサービスでは、SAPアプリケーション用の仮想サーバをサービスとして利用することで、ユーザー企業はハードウェアを用意せずに、構築コストやインフラ保有コストを削減できるとしている。開発環境やテスト環境、移行のための検証環境、バージョンアップ作業に必要なステップごとの環境として、今回のサービスを利用することで、開発や検証、バージョンアップの作業効率向上、準備期間短縮を実現できるとしている。

 DRサイト環境のサービスでは、仮想OSに最適なCPUや統合ネットワーク、DR制御、仮想ストレージなどにSCS独自の運用ノウハウを加えて、DRサイトを低コストで構築するというもの。仮想化技術を活用することで、DRサイトに切り替えるフェールオーバ、本番サイトに切り戻すフェールバックのそれぞれの作業を単純化、高いレベルの目標復旧ポイント(RPO)と目標復旧時間(RTO)が実現できるとしている。

 開発環境向けの最小構成は、仮想CPUが2つ、メモリ4Gバイト、ハードディスク(HDD)200Gバイトで、月額の税別利用料金は20万円から。日次でのフルバックアップとサーバOSの死活監視を利用できる。環境の規模とスペックによって異なるが、最短5営業日で環境を準備できるとしている。

 月額の利用料金とは別に、別途初期費用がかかる。本番環境から移行する場合は個別見積もり。DRサイト環境も、システムの規模によって異なるため、料金は個別見積もりになる。

 今回のサービスには、ヴイエムウェアが提供する「VMware High Availability」や「VMware Vmotion」、「VMware vCenter Site Recovery Manager」などの仮想化関連技術、シスコシステムズのスイッチ「Cisco Nexus 5000」と「Cisco Nexus 2000」、ネットアップのストレージ「NetApp FAS」シリーズが活用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]