不況の中でも販売金額2割増--企業を中心に売れるそのソフトの名は?

大河原克行 2009年11月30日 10時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムが12月4日より、「ホームページビルダー14」を出荷する。

 いわゆる「ホームページ制作ツール」として、第1号製品が投入されたのは1995年。以来、今年で15年目を迎える人気ソフトウェアである。

 この分野において、調査が開始された1999年以降、シェアトップを10年連続で維持。2008年12月から2009年9月までの販売本数シェアは79%(BCN調べ)。年間30万本以上が販売されるという大ベストセラーソフトだ。

ホームページビルダー14 今年で15年目を迎える「ホームページビルダー」

 もともと、ホームページビルダーが産声を上げたのは日本IBMの大和研究所であった。販売も日本IBMが行っていたが、2007年のホームページビルター12以降、ジャストシステムを通じても販売。2009年10月からは、日本IBMが直販していたものも、ジャストシステムからの販売へと完全移行している。開発およびサポートは日本IBM、販売およびマーケティングは、ジャストシステムという体制が構築されたのだ。

 この「エンプラ徒然」というタイトルのコラムで、ホームページビルダーを取り扱うことに違和感を感じる読者がいるかもしれないが、実は、ホームページビルダー購入者は、いまや企業が過半数となっており、企業にとって欠かせないツールへと進化している。従来、個人向けツールの印象が強かっただけに、正直これには驚いた。

 日本IBMによると、2004年の「ホームページビルダー9」では商用利用が28%であったのに対して、趣味などの利用は72%。一方、「ホームページビルダー12」では商用利用が41%(2008年調べ)、「同13」では商用利用が52%(2009年調べ)に達している。ビジネス利用が5年間で倍増し、しかも商用利用者のうち、74%が従業員100人以下の小規模事業者となっている。携帯電話サイトを持っているユーザーも7%、今後持ちたいと考えているユーザーは30%強にも増加している。

ユーザー比率の推移 かつては個人向けの印象があるソフトだったが、現在では企業ユーザーが過半数に達している。

 こうした背景から、今回のホームページビルダー14では、商用ユーザーを強く意識し、企業で必要とされる機能を大幅に強化しているという。

 ジャストシステムでは、ホームページビルダーの企業ユースが増加している理由について、次のように分析する。

「企業にとってウェブは欠かせないマーケティングツール、営業ツールとなっているが、昨今の経費削減のなかで、外部にサイト制作を依頼できないという課題を抱えている。従業員数300人以下の企業では、ウェブサイトに関わる年間予算が100万円以下、月平均で8万円というのが実態。ウェブの内製化が進むなかで、ホームページビルダーを活用する企業が増えている」

 それは数字にも表れており、パッケージソフトウェア市場全体が前年比19%減で推移するなか、ホームページビルダーは、前年比21%増と2桁成長を維持。経済環境が低迷する中でも、数少ない「売れるソフト」となっているのだ。

 新製品では、チェックツールの活用により簡単にSEO対策が行える支援機能を搭載したほか、商用にも活用できるプレミアムテンプレートを用意し、業種別、用途別に提供。携帯電話サイトにも活用できるようにした。さらに、ショッピングカート機能のプラグインなども搭載し、ショップ開店やモールの出店なども可能にした。これらは企業ユーザーを対象にした機能強化である。

 そして、ビジネスユーザーを対象にしたビジネスバリューパックを用意し、製品とともに会社、店舗などで利用できるテンプレート、SEO対策書籍を同梱。企業ユーザーが自らの手で、投資対効果の高い企業サイトを内製できるように支援する。

 加えて、GoogleおよびYahoo!との連携により、ホームページビルダーの全製品に、リスティング広告費用合計1万円分をセットにして提供。ホームページを制作するだけでなく、それを対外的に訴求するところまで踏み込んだ仕掛けを設定したのだ。

「日本の元気はウェブサイトから!」というのが、ホームページビルダー14の基本メッセージだという。ホームページビルダーは、不況にあえぐ日本の企業を元気にするツールとなれるだろうか。

金額ベースの販売推移 金額ベースでは、パッケージ市場全体の縮小傾向に逆らうように前年比で2割増の成長をとげている(BCN調べ)。経費削減によりウェブサイト内製化が進んでいることをあらわすものか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]