編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、暗号化技術を使わない情報漏えい防止ソリューション

藤本京子(編集部)

2009-12-02 14:45

 NECは12月2日、機密情報の漏えいを防ぐソリューション「Obbligato II(オブリガート ツー)/セキュリティソリューション スタートパック」を発表した。同日より販売を開始し、2010年3月1日より出荷する。

 スタートパックは、NECの提供する技術情報管理(PDM)ソフトウェアの新バージョン「Obbligato II R9.2」で強化されたセキュリティ機能の部分を切り出したもの。Obbligato IIや他のPDMシステムを導入していない企業でも、スタートパックのみの導入で持ち出しを制御する機能が利用できる。

 Obbligato II/セキュリティソリューション スタートパックは、NEC独自の技術により、暗号化技術を使わない仕組みを取っている。暗号化技術を用いた従来のセキュリティ製品では、社内の人間が暗号を解除してしまえば機密データを持ち出すこともできてしまうが、同製品はクライアントパソコン内の特別な領域にデータを隠匿することで持ち出しを制御しており、より強固なセキュリティが実現するという。また、この技術を採用することで、暗号化製品の利用が規制されている国でも導入できるとしている。

 同製品は、ユーザー権限や対象データごとに持ち出し制御の設定が可能だ。複数の社内サーバに格納された情報を「一般データ」と「機密データ」に分類し、一般データの印刷やコピーは制限せず、機密データのみの持ち出しを制限できる。また、任意のサーバ上の対象データに対して持ち出しを制御するため、アプリケーションの種類に依存することなく持ち出し制御が可能だ。さらに、導入時のSI作業をあらかじめ標準メニュー化し、マニュアルなどを整備しているため、最短2週間での導入が可能となっている。

 NECはこれまで、組み立て製造業の部品や製品管理向けにObbligato IIを販売しており、国内を中心に製造業550社以上での導入実績がある。スタートパックを用意することで、日本国内はもちろん、中国などの海外に進出している日系企業、現地の製造業企業に拡販を図り、製造業以外でも機密情報を扱う金融業界や官公庁など幅広い業界にも販売していく考えだ。

 スタートパックの価格は、1サーバ1ユーザーライセンスで111万円(税別)から。NECでは、スタートパックを3年間でグローバルに150社へ販売したいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]