編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

データの中に「人を生かす」アイデアが見えてくる--ワークスに聞く人材管理ツールの未来形 - (page 3)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-12-03 14:38

 さて、話を現実に戻そう。土屋氏は「人材活用のキーポイントとなっている人材育成の活動を、最大限の効果を出しながら実施していけるようにすることも、日々の変化の中にあっては、非常に重要なことだと考えている」と言う。中長期的な施策も重要ではあるが、いま行っている取り組みの意味を高めていくことも重要であり、それはより簡単にできるはずだとも指摘する。

 「パッケージを使ってできることはある。できることからやってみると、その先が見え、今やっていることの改善点が見えてくる。そこを変えてみることによって、さらにその先が見え、次第に良くなっていくこともある。(人材管理分野でのパッケージ活用については)最初から大鉈を振るうのではなく、できることからコツコツとやっていきましょう、と提案している」 (土屋氏)

 例えば、同社のツールを導入済みなら、研修管理は今日からでもやれる。管理しないと履歴さえ残らない。履歴の活用方法は土屋氏らが提供する。「データとして何を集めるべきか」で長い間悩んでいる顧客もいたそうだ。「集めてみないと、集めたものに価値があるか分からないし、何を集めるべきか否かも集めてみないと分からない。集めたものを活用するときに、システムの威力が発揮される。システムの活用法は我々が提供できる」という。

人事担当者の「気づき」を誘発する仕掛け

 土屋氏らは今、同社の人事パッケージにおけるレポーティング機能を改善中だ。これまでも、厳密に集計して分析した結果をレポートしたり、履歴をすべて網羅して出力したりといったことは可能だったが、さらに「データから着想を得る」ための機能追加を検討しているという。

 データをグラフ化して抽象化し、例えば社歴のグラフや、実施している研修の割合のグラフ、部門別の人事品質の割合を示すグラフなど、複数のグラフを1つの画面に並べて表示する仕組みなどが検討されている。こうしたグラフをまとめて表示すると、それを眺めた人事担当者は頭の中で様々な算盤を弾き、やるべき施策を思いつく可能性が高いのだという。こうした試みは実に面白い。

 人事担当者のノウハウをすべて機能に落とし込もうとすれば、たいへんな時間がかかる。そうではなく、システム側で必要でありそうな情報をまとめて、人事担当に提示する。それだけで、人事のプロフェッショナルは多様な判断を下せるはず、という発想だ。土屋氏は「判断材料をうまく出力できる仕組みを提供することができれば、それがユーザーに貢献する一番の近道になるはずだ」と話す。

 履歴の中には多くのヒントがあるはずだ。人事担当者に気づきを提供する機能の実現に期待したい。

 さて、今回を持って、本特集「再興に備える『人的資源活用』の基礎」も最終回となった。景気回復を見据え、人的資源の棚卸を行い、組織のあり方を再評価して、ビジネスの再興を着実なものにする。そのための、人的資源活用について考えてみることが、本特集の狙いであった。読者の皆様に深く感謝申し上げるとともに、各記事が皆様の会社で人材活用を考える際に、ささやかな「気づき」を与えるものとなることを願っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]