編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

MS、SQL向けサポートでパートナーと協業--新たにサポートセンターも設置

藤本京子(編集部)

2009-12-08 18:07

 マイクロソフトは12月8日、「Microsoft SQL Server」を対象としたパートナー向けのプログラム「Microsoft Trusted Platformプログラム」を発表した。これは、パートナーを経由してライセンスからソフトウェアアシュアランス、サポートまでを一括して提供するプログラム。日本独自のプログラムで、2010年1月より提供を開始する。

 同プログラムの中核となるのは、パートナー企業と連携して24時間365日のミッションクリティカルサポートを提供する「Trusted Platformサポートセンター」だ。サポートセンターはマイクロソフトの新宿本社オフィス内に同日設置され、プログラムに参加するパートナー各社に対応するマイクロソフトの専任サポートエンジニアと、各パートナーからのサポートエンジニアが常駐する。

樋口氏 マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏

 マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏は、このプログラムが「エンタープライズビジネスのキーとなるプログラムだ」と話す。その背景について樋口氏は、「レガシーシステムの見直しを進める中で、レガシーだけでなくシステム全体を見直して長期的にローコストなシステムを作ろうとする動きがある。マイクロソフトのプラットフォームがその選択肢として挙げられることも増えているため、この変化をとらえ、エンタープライズビジネスにおいてパートナーと共に顧客をしっかりサポートする体制を整えたかった」と説明する。

 Microsoft Trusted Platformプログラムでは、従来顧客が個別に購入し契約する必要があったマイクロソフト製品のライセンスからサポートまでを、パートナー経由で一括して受けられるようになる。

 サポートセンターでは、担当エンジニア間でグローバルでの障害情報や品質情報などを共有しており、システム構築の際の予防保守やシステム開発時の障害対応、解析および改善作業の可視化などが可能となるほか、状況に応じて米国Microsoftと連携して顧客のニーズに対応する。また、パートナー各社からの駐在エンジニアに対しては、マイクロソフトに蓄積された全ての技術情報を共有し、マイクロソフトが各国市場で培ったノウハウをベースとしたトレーニングを実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]