MS、SQL向けサポートでパートナーと協業--新たにサポートセンターも設置 - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-12-08 18:07

 米MicrosoftでCOOを務めるKevin Turner氏は、同社のビジネスを「クライアント向け製品」、「サーバやビジネスアプリケーション」、「エンターテインメントデバイス」、「オンラインビジネス」の4つに分類し、「クライアント向けではWindows 7が非常に好調だ。サーバ製品のWindows Server 2008もLinuxプラットフォームから徐々にシェアを奪っているほか、SharePointもMicrosoftの歴史の中で一番顕著な伸びを示している。CRMも2ケタ成長しており、Hyper-Vや.NET、Visual Studioも好調だ。エンターテインメントデバイスにおいてはXboxがよく売れており、Windows Mobile 6.5も調子がいい。オンラインサービスでもコンシューマー向け検索サービスのBingがシェアを伸ばしているほか、商用サービスではソフトウェア+サービスで成長を続けたい」と述べる。その上で同氏は今回の発表について、「すべての分野で勢いがつくなか、今回の発表も顧客に価値を提供するわれわれのユニークな手段のひとつだ」と述べた。

Turner氏 Microsoft COOのKevin Turner氏

 マイクロソフトは、10月に「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」を開設したばかり。大手町というビジネスの中心地にこうした施設をオープンしたのも、「エンタープライズ市場に対する意気込みを見せるためだ」と樋口氏は述べ、同社内でエンタープライズビジネスへの期待が高まっているとした。

 現時点でプログラムに参加しているのは、NEC、日立製作所、富士通の3社。マイクロソフトは、これまでにもパートナーとSI分野では協業していたものの、サポート分野まで協業するのは今回が初めてだという。樋口氏は、「品質へのこだわりが強い日本の顧客に向け、サポート面まで全面的に協業し、パートナーとの協力関係を拡大する」としている。

 マイクロソフトでは、今後もプログラムに参加するパートナー企業を拡大したい考えだ。対象となるパートナーについてマイクロソフトは、SIの規模やSQL Serverのサポートの準備状況などを総合的にふまえた上で判断するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]