オープンソースのビジネスモデル11選

文:Dana Blankenhorn(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2009年12月09日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 批評家たちはいつも、オープンソースにはビジネスモデルが欠けていると主張する。

 (ゲームショー「Let's Make a Deal」がテレビに帰ってきた。放映はCBSネットワークだ。オリジナルシリーズでMonty Hall氏が務めた司会進行は、Wayne Brady氏が務めることになる。こういった「メディアミックス」というプロモーション手法は、古くからある素晴らしいビジネスモデルの一種ではないだろうか?)

Let's Make a Deal

 しかし実際のところ、プロプライエタリなソフトウェアの方が、ビジネスモデルに対するイマジネーションに欠けているのである。そのことは、主なビジネスモデルが以下の1つしかないことを見ても分かるだろう。

#1:EULAウェア(使用許諾契約の締結によって権利が与えられるソフトウェア)

 「まずは代金を支払ってほしい」「払ったのであれば、とっとと帰ってほしい」「うまく動作しないって?そんなことを言いに来ないでくれ」「返品するから代金を返せって?使用許諾契約書を読んで、とっとと帰ってくれ」「ソフトウェアを試用したいって?そんなことを言う奴は、帰った、帰った」

 このモデルの良いところは、そのシンプルさにある。ユーザーから代金を受け取った後は、彼らに対して何の義務も負うことがない。しかし、このモデルにはある種の「言葉にできない何か」が欠けているのだ。どういうことだか分からないって?きっとあなたはプロプライエタリなソフトウェアを販売している会社に勤めているに違いない(さぁ、帰った、帰った)。

 ユーザーに代金を支払わせ、さっさと立ち去るというビジネスモデルは、驚くほど長い間通用してきた。通用するはずのないようなやり方であるにもかかわらずだ。ある意味、窃盗に通じる部分もある。しかし、ソフトウェアは不思議なものであり、EULAウェアは長い間、唯一のビジネスモデルだったのである。

 一方、オープンソース企業は、想像力を働かせる必要がある。彼らはユーザーにEULAウェアを押し付けることができないため、以下に挙げるような方法で収益を上げなければならないのだ。

#1:サポートウェア

 「料金を支払えば、該当ソフトウェアのサポートを受けることができます」「質問にも回答します。あるいは回答に向けて努力します」「連絡手段は電話でもウェブでも構いません。料金を十分支払ってもらえれば、出張対応も行います」--このビジネスモデルは、Red Hatのお気に入りである。

#2:プロダクトウェア

 「ソフトウェアは無償ですが、該当ソフトウェアの稼働するハードウェアを購入することになります」--Androidを搭載した携帯電話がこのモデルを採用している。また、一部のネットワークルータもこのモデルを採用している。このモデルは広く採用されてはいないものの、その普及スピードは速い。

#3:クラウドウェア

 「ソフトウェアは今やクラウドの中にあります」「行う内容に応じて料金を支払ってください」--コストは雲(クラウド)に吸い込まれていく。そして、請求書を受け取った段階で涙の雨にむせぶこともある。

#4:プロジェクトウェア

 「何かを行う必要があるんですって?それではオープンソースソフトウェアを用いて開発しましょう。料金は製品単位あるいはプロジェクト単位で支払ってください」--このビジネスモデルはIBMが多用している。

#5:SaaSウェア

 「われわれのソフトウェアはSaaSの持つ旨みを十分に引き出しています。こういったソフトウェアは、時間単位や月単位、ユーザー単位で賃借することができます」--このビジネスモデルは現在、非常に人気が高く、Zoho(関連英文記事)をはじめとする数多くの企業で採用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化