編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

エンジニアの平均年収、最も高いのは「ITコンサルタント」の621万円--DODA調べ

吉澤亨史

2009-12-09 14:49

 インテリジェンスは12月8日、同社が運営する転職サービス「DODA」において実施した調査結果をまとめた「DODA職種別平均年収ランキング2009-2010年版」を発表した。エンジニア職で最も平均年収が高いのはITコンサルタントだという。

 調査結果によると、全職種の平均年収は456万円で前年から5万円減少、2年連続で前年を下回った。前年との比較が可能な58職種のうち、37職種で平均年収が減少したという。特に製造業のエンジニア系職種(電気・電子・機械・化学)の下落が顕著といいい、12職種中9職種で前年平均を下回るなど製造業の厳しい状況が現れている。

 エンジニア職のランキングでは、1位が「ITコンサルタント」で621万円、2位が「プロダクトマネージャー」で614万円、3位が「セールスエンジニア、フィールドアプリケーションエンジニア」で582万円だった。この順位は前年と変わらない。

 総合ランキングでは、「投資銀行業務」が880万円で3年連続の第1位となった。2位は「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」(847万円)、3位は「法人営業(メガバンク・地方銀行・証券)」(716万円)と続き、上位3職種を金融系が占めた。35歳以上で1000万円を超えるという高い給与水準に加え、金融危機下での人員整理により年収の高い外資系出身者が転職市場に出てきており、これが金融系職種の平均年収を押し上げたと考えられる。

 地域別ランキングでは、1位「関東」(467万円)、2位「東海」(440万円)、3位「関西」(438万円)と、トップ3の順位に変動はなかったものの、各地で軒並み平均年収が減少した。特に東海で前年比12万円減、北海道・東北で同9万円減と下落が目立っている。

091209_doda_s.jpg エンジニア職の平均年収ランキング(※画像をクリックすると拡大します)

 このランキングは、DODA転職支援サービスに2008年9月から2009年8月までに登録した転職希望者のうち、25歳から39歳の約9万人の給与データ59職種を集計したもの。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]