これまで学び、楽しんだことを振り返ってみよう--エリック松永の英語道場(39) - (page 2)

エリック松永

2009-12-18 08:00

グローバルに仕事をするためのヒント

 英語道場の読者は、かなり多岐にわたっています。IT業界も再編の繰り返しで、M&Aによって日本企業が突然外資の会社になったり、競合だった企業と合併したりすることも珍しくありません。

 日本の企業カルチャーで育った人にとって一番不安なのは、グローバル企業の現場感がつかめないことではないでしょうか。映画やドラマのシーンが目に焼きついて、Michael Douglasのような上司にひどいセクハラをされたり、Keanu Reevesのような部下がわなを仕掛けてきたり、仕事中に突然Kiefer Sutherlandのような何者かわからない人が会社に踏み込んできたり(爆)なんてことまでは考えないとしても、どうしてもイメージ先行になってしまいがち。そこで、なるべく現場感を出しながら、グローバルでビジネスをする際のちょっとした常識やノウハウをお話ししたのが以下の記事です。

英語を使ってビジネススキルを向上させよう

 最後は、いわゆるビジネススキルというものです。この分野は書籍も豊富ですが、意外と内容が難しくて理解しにくいものも多いので、エリック流にわかりやすく解説してみました。財務諸表の読み方からプレゼンテーションのスキルまで、既存の出版物とは違った視点で理解しやすく書いたつもりです。

 年末は1年間の自分を振り返る格好の機会です。ここでは英語をテーマに話をしましたが、ほかの分野も含め、1年前の自分と今の自分を比べてみませんか?

 参考書は1ページしか進まなかったかもしれませんし、単語帳は5枚しか作れなかったかもしれません。でも、このエリック松永の英語道場を継続的に読んでいただいたのであれば、1年前には知らなかったことや気がつかなかったことをたくさん学んでいるはずです。これは、明らかに何もしなかった人と比べると大きな差につながっているのです。

 2010年も、たくさんのことをみなさんに知っていただき、気づいていただけるようがんばりますので、これからも一緒に英語を楽しんでいきましょう!

Peace out and thank you for all,
Eric

Eric
筆者紹介

エリック松永(Eric Matsunaga)
Berklee College of Music、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科(修士)卒業。19世紀の米国二大発明家Graham Bellを起源に持つ米国最大の通信会社AT&Tにて、先進的なネットワークコンサルティングの領域を開拓。その後アクセンチュアにて、通信分野を柱に、エンターテインメントと通信を活用した新事業のコンサルティングをグローバルレベルで展開する。現在、通信業界を対象にした経営コンサルタントとして活躍中。著書に「クラウドコンピューティングの幻想」(技術評論社)がある。

イラストレーター: まつなが みか
つぶやく日本人や音楽にまつわる「人」のイラストを描く。CDジャケット、ショップ、雑誌等で活動中。エリック松永の愚妹。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]