編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ユニアデックスと日本ユニシス、企業向けメールアウトソーシングサービスの機能を強化

ZDNet Japan Staff

2009-12-17 15:21

 ユニアデックスと日本ユニシスは12月17日、日本ユニシスのICTサービスメニューとして販売しているSaaS形式のメールアウトソーシングサービス「スパークメール」を機能強化し、同日よりリニューアル提供を開始すると発表した。

 スパークメールは、日本ユニシスのデータセンター上にユニアデックスが構築したメールシステムを、SaaSとして企業向けに提供しているサービス。セキュリティに配慮した各種の機能を利用できる点が特徴となっている。今回のリニューアルにより、サーバ認証、携帯電話からの利用、共有アドレス帳の利用、多言語対応(UIは日英、本文は日英中)が可能なウェブメール機能が追加されたほか、これまで有料オプションとして提供されていたウイルス対策サービスが標準機能として利用できる。

 スパークメールの利用料金は、初期費用が3万1500円、IDあたりの月額料金は409円より(50ID以下の場合)。また、セキュリティオプションとして提供される「迷惑メールフィルタリング・サービス」と「メールアーカイブ・サービス」のIDあたりの月額料金は、迷惑メールフィルタリングが157円より、アーカイブが525円より。いずれも、1000ID以下の場合の価格で、初期料金は無料。

 両社では、スパークメールのリニューアル提供を記念し、新規申込みのユーザーに「迷惑メールフィルタリング・サービス」のオプション料金が無料となるキャンペーンを2010年3月31日までの期間限定で実施するという。

 ユニアデックスと日本ユニシスでは、同サービスにおいて、2010年内に総計10万IDの提供を目標とする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]