編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

NRI、SAPアプリ対応のテスト自動実行支援ツール提供--回帰テストのコスト削減

田中好伸(編集部)

2009-12-18 16:17

 野村総合研究所(NRI)は12月18日、SAPアプリケーションへの対応機能を追加したテスト自動実行支援ツール「てぷらぱ Type-Q for SAP」の販売を開始したことを発表した。

 てぷらぱ Type-Q for SAPは、「SAP GUI for Windows 6.40/7.10」を対象にして、SAPアプリケーションのGUIのテストを行う。

 Excelのインターフェースを利用してテストスクリプトの作成と修正を容易にして、証跡の保管や比較を行う機能でテスト準備から比較検証までの全テストプロセスの省力化を実現するという。SAPアプリケーションに対するテスト自動化を容易にして、バージョンアップやパッチリリースごとに行う回帰テストのコスト削減が可能になるという。

 SAPアプリケーションは多くの企業に導入されており、専用テストツールも提供されている。だが、既存のテストツールは、テストスクリプトの作成や修正、画面キャプチャといった証跡の保存が難しく、ツール活用でテスト省力化の効果があまり出ていない状況にあるという。また、OSやアプリケーションのバージョンアップやパッチリリースごとの回帰テストに大きな工数やコストがかかるために、テストの全工程を効率化したいというニーズが寄せられていたという。

 てぷらぱは、“Test Platform Package”(テスト・プラットフォーム・パッケージ)の略称から名付けられ、NRIの長年の開発テストに関するノウハウをまとめ、テスト自動実行の準備からテスト結果の検証までをトータルにサポートするツール。Excelを利用してテストスクリプトを作成することで、GUIアプリケーションテストの準備から比較検証までの全工程で省力化を実現しているという。

 同社試算によれば、手動でのテストに比べて最大75%の工数削減を実現できるとしている。ウェブアプリケーションに特化した「てぷらぱ Type-R」とWindowsアプリケーションなどの幅広いアプリケーションに対応する「てぷらぱ Type-Q」の2つのシリーズがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]