NTTデータと日本オラクル、運用管理で協業--HinemosがOracle VMに対応

ZDNet Japan Staff

2009-12-21 12:27

 NTTデータと日本オラクルは12月21日、NTTデータのオープンソース統合運用管理ツール「Hinemos」と日本オラクルのプラットフォーム製品を活用したシステム統合基盤の運用管理ソリューションの実現に向けて協業すると発表した。

 今回の協業でNTTデータは、日本オラクルの技術支援のもと、Hinemosをオラクルのサーバ仮想化ソフト「Oracle VM」やLinux製品「Oracle Enterprise Linux」に対応させるほか、オラクルの統合管理ソフトウェア「Oracle Enterprise Manager」とHinemosの連携を図る。これにより、「仮想化環境、業務システム、プラットフォーム製品の一元的な統合運用管理が可能となる」(両社)としている。

 具体的には、Hinemosマネージャの動作OSとしてOracle Enterprise Linux 5が利用できるようになる。また、Hinemosの管理対象OSとしてOracle Enterprise Linux 4およびOracle Enterprise Linux 5が加わる。さらに、Hinemos VM管理オプションの対応仮想化ソフトウェアとしてOracle VM 2.2が利用可能となる。

NTTDataOracle 両社のソリューションの利用イメージ

 このソリューションは、NTTデータと日本オラクルの共通のパートナー企業を通じて提供される。まずは、NTTデータ先端技術が提供を開始する予定で、今後取り扱いパートナーを順次拡充していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]