編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

年末年始の安全対策にも--無償で高機能なセキュリティソフト6選 - 3/12

吉澤亨史

2009-12-25 19:44

 ウイルスに代表されるマルウェアは日々進化しており、特にここ数年は感染経路の多様化や感染の連鎖、大量の亜種の発生など複雑化が進んでいる。これらのマルウェアに感染してしまうと多大な被害を受けることから、セキュリティソフトはPCに必須のものとなってきた。  とはいえ、ソフトにあまりお金をかけられないのが現状というユーザーも少なくない。そこで、無償のセキュリティソフトをご紹介したい。年末年始のセキュリティ対策にも利用して欲しい。  チェコに拠点を持つALWIL Software!が提供する「avast! antivirus Home Edition」は、ウイルス・スパイウェア対策ソフト。無償利用可能だが、60日以上使用する際にはユーザー登録をする必要がある。もちろん、ユーザー登録も無料だ。常駐機能によってメールの送受信やファイル使用時のウイルスをチェック。また、OSが起動する前にウイルスチェックを実施する「ブートタイムウイルス検査」も搭載している。
 こちらはAVG JAPANが提供するウイルス・スパイウェア対策ソフト「AVG Anti-Virus Free Edition 9.0」。ウイルス・スパイウェア対策機能は有償の製品版と同等の性能を持ち、ウイルス検出を実行するメールソフトを選ばないことが特徴。ただし、送受信されるメールを1通ずつその場でチェックするため、メールの送受信にはやや時間がかかる。また、「常駐シールド」機能によってファイルを開くときやコピーする際にもウイルスをチェックする。

 こちらはAVG JAPANが提供するウイルス・スパイウェア対策ソフト「AVG Anti-Virus Free Edition 9.0」。ウイルス・スパイウェア対策機能は有償の製品版と同等の性能を持ち、ウイルス検出を実行するメールソフトを選ばないことが特徴。ただし、送受信されるメールを1通ずつその場でチェックするため、メールの送受信にはやや時間がかかる。また、「常駐シールド」機能によってファイルを開くときやコピーする際にもウイルスをチェックする。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]