編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

巨大ベンダーひしめくBI市場で独立系の策は?:競合しながらもパートナーへ

大川淳

2009-12-30 12:24

 米国に本拠を置くInformation Buildersは、最近では少なくなった独立系ビジネスインテリジェンス(BI)ベンダーだ。というのも、ここ数年は巨大な総合ITベンダーがBIベンダーの買収を繰り返し、業界地図が一変したからだ。(参考:激化するBI戦争はDWH分野へと戦線拡大

 IBM、SAP、Oracleと直接競合しながら、パートナー関係でもあるというInformation Buildersは、この市場でどのような優位性を保持していくのか。同社でプロダクトマーケティングを担当するVice President、Kevin Quinn氏にその戦略を聞いた。

プラットフォームをあらゆる要素とつなげる

他のBIベンダーとの最も大きな違いは何か?

Kevin Quinn氏 Kevin Quinn氏

 Information Buildersは「BIとデータ統合」の2つを核としている。

 我々が他のBIべンダーと大きく異なるのは、ユーザーに対する取り組み、姿勢といえる。大手企業に買収されていった主要BIベンダーは、当社ほど手厚い顧客サポートを十分にできているかどうか。

 さらに興味深いことは、我々にとって、IBM、SAP、Oracleなどは競合だが、実はパートナーでもあるという点だろう。これら各社はアプリケーションとデータベースを接続する当社の製品「iWay DataMigrator」を採用している。また、IBMは当社の主力製品「WebFOCUS」を販売している。WebFOCUSはDB2 Web Query環境で稼動し、その機能を拡張できるからだ。

製品戦略をどのように進めているのか?

 当社の持つデータ統合とBIの技術が融合することで、多様なデータソースの、数多くのデータを活用することが可能になる。

 市場では今後、現在とは異なるアプリケーション、データベース、プラットフォームが現れるに違いないが、それらすべてに対応していきたいと考えている。当社はアプリケーション、データベース類を接続するためのアダプタを300種類以上用意している。プラットフォームを、あらゆる要素とつなげられることが我々の最大の強みだといえるだろう。

戦略、分析、業務――3層構造のBIサイクルが最大効果もたらす

BI製品の特徴は?

 Information BuildersではBIを推進していくにあたり、BIの体系を「戦略」「分析」「業務」という3つの層に分けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]