マイクロソフト、WindowsおよびOfficeのレンタル提供ライセンスを発表

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2010年01月12日 09時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windowsがインストールされたコンピュータの時間賃しを行っている場所は数多くあるものの、厳密に言うならば、どれも合法的な基準を満たしてはいなかった。

 Windows(およびOffice)のライセンス条項によれば、多くのインターネットカフェ、ビジネスセンター、キオスクなどが展開されてはいるものの、このような形でのソフトウェア利用は禁じられている。しかしながら、Microsoftは、WindowsやOfficeのレンタル提供を望む場合には追加料金を支払う新たなオプションを、2010年1月1日より用意している。

 Microsoftは同社ウェブサイトで「WindowsのデスクトップOSおよびMicrosoft Office Systemのライセンスでは、第三者にソフトウェアをレンタルしたり、リースやアウトソーシング提供したりする使用を認めていない。つまりは、第三者にデスクトップPCをレンタル、リース、アウトソーシング提供している、インターネットカフェやホテル、空港キオスク、ビジネスサービスセンター、オフィス機器のリース会社などを含む多くの企業団体は、Microsoftの定めたライセンス条項に違反していることになる」と述べた。

 とはいえ、新たな「Rental Rights」オプションによって、レンタル提供される各WindowsまたはOffice向けに1回払いのライセンス料金を支払うことで、ライセンス条項による制限が撤廃されることになる。

 「Rental Rightsは、ソフトウェアライセンスやPCの使用期間全体に渡って適用される1回払いのライセンス料金を支払い、こうしたライセンス条項の制限を回避するシンプルな手法である」とMicrosoftは語っている。

 Rental Rightsのオプション導入販売を促進するため、さらには、おそらくこれまで無料で多くの企業団体が実施してきたことに新たな支払いが求められるようになる負担を和らげるため、Microsoftは、6月30日までに登録すれば、同ライセンス料金を30%割り引くキャンペーンを行っている。

 この新たなオプションの提供に関するニュースは、ZDNetのブロガーであるMary Jo Foley氏によって、米国時間1月11日午前に報じられた。

 Foley氏は、Directions on MicrosoftのアナリストであるPaul DeGroot氏の発言を引用しつつ、「Office Professional」のディスカウント適用後のレンタルアドオン料金は58ドル、「Office Standard」は45ドル、Windowsは23ドルになると記している。これらは、いずれもWindowsやOfficeの単体販売料金に加算され、1度支払えば、PCの使用期間またはOfficeのライセンス提供期間全体に渡って適用される。

 DeGroot氏によれば、Microsoftが今回のオプション提供を追加するまでは、レンタル提供をベースとした事業の中止を勧告するか、それとなくLinuxおよび「OpenOffice」を採用するように促す以外に、Microsoftには選択肢がなかったという。

 だが、各キオスクやビジネスセンターが、ビジネスユーザーやコンシューマーにとって大切な存在となっていることを、DeGroot氏は認めている。

 「非常に有用ではあるものの、こうしたサービスを(合法的に)提供可能となる簡単な手法が存在しなかったことが問題となってきた。結果として、Microsoftは大目に見る対応を取ってきたのだと思う」と、DeGroot氏は述べた。

 DeGroot氏は、新たなオプションが、海賊版のWindowsやOfficeの利用の温床となることがないように、新興市場でMicrosoftが取り組んでいる海賊行為の撲滅運動を起点としていることを明らかにした。しかしながら、厳密に述べるならば、たとえ合法的にWindowsやOfficeを購入しても、(レンタル提供の)違法性がなくなるわけではなかった。Rental Rightsのオプションによって、Microsoftは、より成熟した市場においても、合法的に同サービスを提供する道を整えたことになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]