日立ソフト、情報漏洩防止製品「秘文」にPC1台から使える新シリーズ

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-13 10:56

 日立ソフトは1月12日、情報漏洩防止ソリューション「秘文」の新シリーズとして「秘文LE(Light Edition:ライトエディション)シリーズ」を提供開始すると発表した。その最初の新製品として、「秘文LE Personal Office(ヒブン エルイー パーソナル オフィス)」 が、2010年2月26日から販売される予定。価格はオープンプライス。

 秘文LE Personal Officeは、出張先や自宅のパソコンに、専用USBメモリを挿すことで「携帯オフィス環境」を構築できるもの。USBメモリ内のデータを、PCにインストールされているアプリケーションで編集、参照でき、編集したデータは専用USBメモリにのみ保存可能な環境となる。そのため、社外のPCにデータを残さず安全な運用が可能なほか、データを持ち出す専用USBメモリでは、データが自動的に暗号化されるため、万が一、社外で専用USBメモリを紛失しても、第三者への情報漏洩を防止できるという。

 日立ソフトでは、新シリーズの特徴について、従来の「秘文AEシリーズ」「秘文MEシリーズ」との連携、PC1台からでも導入や運用が可能な使い勝手のよさ、必要な機能のみに絞り込んで運用可能なカスタマイズ性の高さを挙げている。エンタープライズレベルのセキュリティ対策だけでなく クライアントレベルで簡単かつ低コストに対策を実現したい中堅、中小規模の企業にも導入が容易になったとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]