編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新日鉄ソリューションズ、イージェネラのリソース管理ソフトでクラウド基盤構築サービス拡充

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-13 15:44

 新日鉄ソリューションズは1月13日、同社が従来から提供してきたクラウド基盤構築サービスを拡大し、イージェネラが開発した「PAN Manager」およびそれを搭載したデルの「Dell PAN System」を利用したサービスを新たに開始すると発表した。

 新日鉄ソリューションズでは、これまで、プライベートクラウド向けIT総合基盤構築フレームワークとして「NSGRANDIR(エヌエスグランディール)」を提供している。また、仮想技術検証センター「NS Cloud Competence Center」における仮想化技術やクラウド基盤の評価、検証のノウハウを生かして、TCO削減コンサルティングやクラウド基盤の構築、運用を手がけてきた。

 今回、ITインフラリソース管理ソフトウェアである「PAN Manager」を用いてクラウド構築サービスを拡大することで、より短工期でのクラウド基盤導入が可能になるとしている。また、容易なリソース管理により運用コストを下げることで、TCOを大幅に削減することができるという。

 PAN Managerを利用したクラウド基盤構築サービスのメニューとしては、ミドルウェアやバックアップなどを含めたITインフラ全体のデザインを行い、クラウド基盤の構築を行う「統合基盤エンジニアリングサービス」(500万円より)、運用の全体設計、コンサルティングを行う「運用設計コンサルティングサービス」(個別見積もり)、物理環境から仮想化環境への移行支援、物理および仮想化共存環境での性能検証、PAN Managerの運用検証などを行い運用や性能上の懸念点を事前に解消する「POC(Proof Of Concept)サービス」(簡易POCは無料、本格的な検証は約1カ月で300万円より)などが用意されている。

 同社では今後、クラウドコンピューティングITインフラサービス「absonne(アブソンヌ)」でも、「PAN Manager」によるサービス提供を視野に入れているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]