編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「日本はクラウド先進国」--日本IBMが専門組織を新設しクラウド事業を推進

大河原克行

2010-01-14 16:29

 日本IBMは、2010年1月1日付けで、クラウドビジネスを横断的に取りまとめる専門組織「クラウド・コンピューティング事業」部門を社長直轄として新設。クラウドコンピューティング事業体制を強化する方針を示した。

 クラウドコンピューティング事業担当として、同組織を統括するのは執行役員の吉崎敏文氏だ。同氏は「IBMは、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3つの企業向けクラウドを、仮想化、標準化、自動化の3つの技術要素によって実現する。今年は、上流から下流まで、クラウドに関する製品、ソリューション、サービスを断続的に投入することを宣言する」とし、それにあわせたビジネス推進体制を確立していくことになる。

吉崎敏文氏 クラウドコンピューティング事業担当として新組織を統括する日本IBM執行役員の吉崎敏文氏

 新たな製品としては、シンクライアントなどを対象にした「パブリックデスクトップクラウド」、開発テスト環境に向けた「パプリックテストクラウド」のほか、「Smart Analytics Cloud」「プライベートストレージクラウド」などの領域での製品投入が予定されている。

 同社では、今後5年間でクラウドコンピューティング事業に関して、100億円を投資する予定だ。

 クラウド・コンピューティング事業の専門組織は、世界に先駆けて日本法人に設置したもので、「日本の市場がいかに重要であるかを示したものであり、クラウドへの取り組みが早い日本の顧客の声を拾い、グローバルレベルでサポートするものになる」としたほか、「社内の技術理事のなかから、1カ月をかけてクラウド最高技術責任者(CTO)を任命し、技術で先行するだけでなく、それをいち早く、広く活用する体制を整える」とした。

 さらに、1月末までにクラウドに関する教育を受けた300人のクラウドスペシャリストによる「Team Cloud」を結成。マーケティング、ソリューション、セールスの機能を持たせる一方、3月末までに日本IBM社員のうち1000人を対象にクラウドに関する教育を実施し、横断的にクラウドコンピューティング事業を推進する体制とする。

 また、これまで製品事業部門ごとに別々になっていたクラウド関連製品、ソリューション、サービスを、業界別に最適化したソリューションとして再編し、具体的なソリューション提案活動を加速するほか、クラウドに関して、ビジネスパートナーとの協業強化も進める。ビジネスパートナーとの協業強化策については「近日中に公開する」という。

 加えて、幕張事業所内にIBMのクラウドソリューションのデモと検証環境を統合した「幕張クラウド・ショーケース」を開設する。

 「2月から3月にかけて、SIのためのソリューションアセット、最新ソフトウェアの技術ハンズオン、最新ハードウェアの技術トレーニング、BAOのデモと検証、クラウドコンピューティング技術デモと検証などを提供できるようにする。社内に分散していた環境を、幕張に統合することにより、運用管理コストを削減できるようになる。今後、ビジネスパートナーの利用もできるようにしていきたい」(吉崎氏)

 吉崎氏はクラウド事業におけるIBMの強みとして、「技術リーダーシップ」「ソリューションポートフォリオ」「豊富なクラウド導入実績」「グローバルの英知とスケールメリット」の4つの観点を強調した。

 「IBMには、40年間に渡る仮想化の実績があり、汎用機からIAサーバまで、マルチベンダー、マルチプラットフォームの幅広い製品を対象にした事業展開が可能だ。さらに、IBM CloudBurstを活用することにより、わずか数日でクラウド環境を構築できるなど、技術的なリーダーシップもある。また、社内で利用している50以上の業務を分析し、クラウドに向く業務を特定し、体系化したクラウドソリューション、ラインアップを強化するためのロードマップを提示できる。これにより、業務に応じた最適なソリューションを提供できる」(吉崎氏)

 吉崎氏は、クラウドが適したスイートスポットとして、コラボレーションや数値計算、少量のデータ移動などをあげる一方、トランザクション処理、ERP、CRM、SCMなどの領域では適していないと定義する。「だが、顧客の業務の変化に対する考え方次第では、この位置付けも変わってくるだろう」とした。

 同社によるクラウド導入実績としては、IBM社内において、11万人の研究者と開発者が2年以上に渡って使用しているほか、200以上のプロジェクトの経験があるという。そのうち55件の事例を公開しており、全世界10カ所のクラウド検証センター(そのうち日本は1カ所)、全世界9カ所のクラウドデータセンター(そのうち日本は2カ所)を通じたサービスを提供できる点も、グローバル展開を行う顧客にとってはメリットとなる。

 IBMの調査では、競争力強化のためにクラウドコンピューティングやSaaSでの取り組みを検討しているとしたCIOは、グローバルで33%に留まっているのに対して、日本のCIOでは50%に達しているという。また、日本の6割近い企業がクラウドコンピューティングに前向きな姿勢を示しているとする。

 日本IBMでは、日本を「クラウドコンピューティング先進国」ととらえて、クラウドビジネスの拡大を図る考えだ。

クラウド統括組織の概要 日本IBMに新設されたクラウド統括組織の概要。クラウドのエキスパートによる「Team Cloud」が中核となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]