編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

富士通グループ、KFC向けに販売情報分析システムを構築--オンメモリDBで分析時間を約5分に短縮

大川淳

2010-01-15 20:17

 富士通グループは1月15日、日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、KFC)におけるケンタッキーフライドチキン事業の販売戦略立案用に、販売実績の分析ができる「新販売情報分析システム」を構築し、本稼働を開始したと発表した。

 KFCでは、ケンタッキーフライドチキン事業(全国1500店舗)やピザハット事業(全国362店舗)を展開するうえで、日々発生する販売情報を全社共有の基幹システムに収集し、キャンペーンデータによる併売分析など、さまざまな販売分析に活用していた。しかし、基幹システムから各事業別に必要な分析情報を、そのつど抽出していたため、販売情報の分析には2~3日程度かかっていたという。

 販売情報の分析スピードを向上することを目的に、2008年6月にピザハット事業で「新販売情報分析システム」を新たに構築。今回、ケンタッキーフライドチキン事業にも同システムを拡張した。

 同システムのIT基盤には、富士通ビー・エス・シーのオンメモリデータベース製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」が採用されている。オンメモリデータベースは、処理すべきデータをすべてメモリ上に置くことで、大量データの高速処理が可能になる。富士通によると、新システムでは、KFCの分析処理にかかる時間を5分程度にまで短縮できており、販売戦略立案の大幅なスピードアップと効率化を実現できたとしている。

新販売情報分析システムの概略図 KFCにおける新販売情報分析システムの概略図(出典:富士通)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]