欧州のネットの中立性と表現の自由守る--デジタル政策担当委員に就任予定のN・クロエス氏

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部 2010年01月19日 11時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE デジタル政策担当委員に就任予定のNeelie Kroes氏によれば、ネットの中立性とオンラインでの表現の自由は、欧州委員会によって保護される予定だという。

 Kroes氏は現地時間1月14日、デジタル政策担当委員のポストの指名承認公聴会において委員会に対し、ISPは「商業的な動機からサービスおよびコンテンツへのアクセスを制限することを許可されるべきではなく、セキュリティ問題やスパム送信の場合にのみ、それを許されるべきだ」と述べた。

 欧州委員会による同公聴会の報告書によれば、オランダの政治家であるKroes氏はまた、中国がGoogleに対して行ったとされる攻撃のような行為は表現の自由の侵害だと述べ、サイバースペースで噴出する不満を鎮圧しようとする試みについても非難した。

 MicrosoftやIntelといったテクノロジ業界の巨大企業を相手とやり合ってきた経験を持つKroes氏は、競争政策担当委員のポストを退くことになっている。Kroes氏は、Viviane Reding氏が担当していた欧州のテクノロジ政策実施に関する職務の大半を引き継ぐ予定だ。

 欧州議会のメンバーによる承認投票は1月26日に行われる予定で、指名後未就任の欧州の新委員たちは、新しいポストで実行したいことについて質問を受けている。

 情報社会およびメディア担当委員としてEUのモバイル事業者にローミング料金の徹底的な引き下げを強制し、電気通信規制を大幅に改革した実績を持つReding氏は、司法、基本的人権および公民権担当委員に就任する。

 新しいポストへの指名を承認された場合、Reding氏はデータ保護の問題への取り組みを通して、今後も継続してデジタル政策に影響を及ぼすことになる。Reding氏の以前の職務は現在再編されており、メディア政策が除外されることになっている。再編後は、情報社会と、欧州ネットワーク情報セキュリティ機関(ENISA)の監督を主に担当することになる。

 Kroes氏は、EUサイバースペース規制当局の創設を望んでいるかとの質問に対し、それよりもENISAの役割を強化することが望ましいと答えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算