編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IIJ、MVNOサービス施設にシスコシステムズの「Cisco GGSN」を採用

大川淳

2010-01-20 20:54

 シスコシステムズ合同会社(シスコ)は1月20日、インターネットイニシアティブ(IIJ)が同社のMVNO(Mobile Virtual Network Operator)方式によるモバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」用のサービス設備としてCisco GGSN(Gateway GPRS Support Node)を採用したと発表した。

 Cisco GGSNはモバイルユーザーにインターネットや企業VPNなどへのIPの接続性を提供する役割を担い、移動体通信事業者との接続方式をレイヤ2接続にすることにより、認証や課金など、サービス提供に柔軟性を持たせることが可能となる。また、通信の品質制御を実現し、ネットワークの使用効率を向上できるとする。

 Cisco GGSNは、Cisco 7600ルータで動作するサービスモジュール、Service Application Module for IP(SAMI)プラットフォームをベースに構築されており、ファストイーサネット、ギガビットイーサネット、ATM、フレームリレーといったインターフェースをサポートする。その他のサービスモジュールを組み合わせることにより、各種サービスの統合を実現することも可能という。

 MVNOおよび移動体通信事業者は同社のGPRS製品やモバイル関連ソリューションを導入することにより、IPデータトラフィックの内容に応じたフレキシブルな課金形態、ユーザ属性に応じたフィルタリング機能、企業向けVPNサービスの提供など、多様な形態のデータサービスを展開できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]