編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SRA OSS、PostgreSQL 8.4互換の「PowerGres V7」を販売開始--64ビットWindowsにも対応

ZDNet Japan Staff

2010-01-21 10:17

 SRA OSSは1月20日、オープンソースデータベース「PostgreSQL」完全互換で、より高いユーザビリティやサポートを提供する「PowerGres」製品の新バージョン「PowerGres V7」の販売を開始した。

 PowerGresは、PostgreSQLの使いやすさ、安定性、サポートの向上をコンセプトとして2003年に発売を開始したデータベース製品。WindowsとLinuxで動作し、これまでに合計8000ライセンス以上を販売しているという。

 今回販売が開始されるのはPowerGres製品のうち、Windows向けの「PowerGres on Windows」とLinux向けの「PowerGres on Linux」。新バージョンでは、PostgreSQLの最新版である8.4に対応している。新たに5年サポートプランも用意される。

 また、Windows版では独自に64ビットに対応し、64ビット版のWindows OSで4Gバイトを超えるメモリ空間を活用できるようになった。これにより、性能チューニングの幅が広がるという。

 そのほか、最新版では同梱の管理ツールである「PowerGres Manager」が強化され、ウォームスタンバイ機能の設定や、SQLの実行回数および所要時間の集計や閲覧、アーカイブロギング向けベースバックアップのスケジュール実行が可能になった。また、データベースで日本語検索を行うときによく使われるアドオンモジュールと形態素解析ソフト(64ビットWindowsには非対応)が同梱される。

 PowerGres on Windows V7およびPowerGres on Linux V7の価格は各5万400円。サポート価格は、1年契約の場合、8万4000円(オプションのODBCドライバサポート、Npgsqlサポートが各2万1000円)。5年契約の場合37万8000円(同各9万4500円)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]