どのタイプのデスクトップ仮想化を選びますか?--それぞれのメリット、デメリット

栗原潔(テックバイザージェイピー) 2010年01月27日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終回となる今回は、シンクライアント(デスクトップ仮想化)の具体的な実現方式について解説しよう。今日広く使われているシンクライアントには大きく分けて以下の3方式がある。

  1. ターミナルサーバ方式
  2. 仮想PC方式
  3. ブレードPC方式

 各方式に共通するのは、アプリケーション処理やディスクへの保存はすべてサーバ側で行い、クライアント側では原則的に画面表示とキーボードおよびマウスとの入出力処理のみを行う点だ。いわばクライアント機器はインテリジェント端末のような使われ方になっている。サーバとクライアント間の通信プロトコルとしてはCitrix Systemsが採用しているICA(Independent Computing Architecture)、Microsoftが採用しているRDP(Remote Desktop Protocol)、VMwareが採用しているPCoIP(PC over IP)などが使用されることが多い。

 以下、各方式について説明しよう。一見複雑なようだが図示すればさほど難しい話ではない(下図参照)。なお、今日利用されているシンクライアントはほとんどがWindows環境で利用されているので、これに限って説明する。

ThinClientシンクライアント(デスクトップ仮想化)の実現方式
※ 画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。

1. ターミナルサーバ方式

 1台のサーバにひとつのWindows Serverを稼働し、その上で複数のクライアント向けアプリケーションを稼働する方式である。Windows Serverの標準機能であるTerminal ServicesやCitrixのXenApp(旧名称はMetaFrame)などにより実現される。

 この方式の利点は、複数のデスクトップ環境間でサーバのハードウェア資源を自由に共用できるため、サーバのハードウェア資源を有効利用できることだ。オーバーヘッドも最小である。その反面、特定の仮想デスクトップ環境の処理負荷が高いと同じサーバ上で稼働する他のデスクトップ環境に影響を与えるリスクがある。

 また、既存アプリケーションの互換性が課題になることがある。本来はWindowsのアプリケーションをそのまま稼働できるはずなのだが、例えば設定ファイルの場所を決め打ちで想定しているなど、同じOSの下で複数のアプリケーションが同時並行稼働することを想定していないアプリケーションもあるからだ(これはアプリケーション側の設計上の欠陥であってターミナルサーバ側の本質的問題ではない)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算