編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、「大規模な盗用」でサードパーティーサポート企業を提訴

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦

2010-01-28 13:03

 Oracleがサードパーティーサポート企業のRimini Streetを訴えた。Oracle側は「違法なビジネスモデルを通じた、Oracleのソフトウェアおよび関連するサポート資料の大規模な盗用」があったと主張している。

 訴状では、ラスベガスに本社のあるRimini Street、ならびに同社の最高経営責任者(CEO)のSeth Ravin氏を訴えの対象として挙げている。これに対し、Ravin氏は声明で次のように反論している。

 Oracleのとった行動は競争を妨げ、同社ソフトウェアのライセンシーに関する市場の選択肢を限定しようとするものだと考えている。Rimini Streetは、Oracleと比較して50%以上安い価格で、価値あるサポートの選択肢を提供している。世界中でRimini Streetのサービスのメリットを享受している顧客は、Fortune Global 500およびFortune 500企業、数多くの政府系機関、さらにはこの困難な経済状況のもとで成長と人員の拡大を目指す中小企業など、多岐にわたる。

 OracleとRiminiの対決が何となく見慣れたものに思えるとしたら、それはOracle対TomorrowNowのバトルに似ているからだ。当時、TomorrowNowはSAP傘下のサードパーティーサポート企業だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]