編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NTTソフトウェア、国際規格「ID-WSF2.0」に対応した認証連携製品を発表

吉澤亨史

2010-02-01 12:55

 NTTソフトウェアは1月29日、ウェブサイトの認証時に利用者の属性情報をサイト間で交換できる製品「TrustBind/Federation Manager 1.3」の販売を開始した。国際標準規格「ID-WSF2.0」に準拠している点が特徴。NTT情報流通プラットフォーム研究所の「I-dLive」を商品化したものとなる。

 ID-WSF2.0はサイト間でユーザーの属性情報を安全に交換する方法を定めたプロトコル。TrustBind/Federation Manager 1.3はこのID-WSF2.0に正式に対応しており、Liberty Allianceの相互接続性試験にも合格している。

 この製品を利用することで、サイト運営者はほかのID-WSF2.0に対応したサイトと連携する際に新たなシステムを開発する必要がなく、コストや接続期間を短縮できるという。導入費用は1サイトあたり1500万円からで、導入期間は3カ月程度。NTTソフトウェアでは、今後3年間で15億円の売り上げを目指している。

TrustBind/Federation Manager 1.3 TrustBind/Federation Manager 1.3による属性情報交換のサービスイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]