編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「ベストセラーをクラウド化する必要はない」--セールスフォースに聞くPaaSの価値 - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2010-02-04 15:07

 Windows Azureのメリットは、既存の.NETで開発したアプリケーションを、クラウドにシームレスに移行できることだ。もっとも、そのメリットは既存の問題点も引き継ぐことを意味すると内田氏は指摘する。

 「アプリケーションをそのままクラウドに移せたとしても、保守は以前と同じ。OSのバージョンアップはクラウド側がやってくれるが、アプリケーションの動作確認はユーザーがやらなければならない。その作業からは解放されない」(内田氏)

クラウドで要件定義に長い時間をかけるのは無駄

 基本的にプログラミングも品質テストも不要となると、企業側にとっては大きな変化だ。

 内田氏は「10年前はこうした技術は無かった。ここまで進化させなければ、誰も我々のサービスを使ってくれなかっただろう」と話す。

 カスタマイズに対する企業のニーズは高い。だから、項目と型の追加やレイアウトの変更などを可能にしたり、カスタムテーブルを作成できるようにしたり、生成したテーブル間にリレーションを張れるようにしたりと、柔軟性を高めてきた。Force.comがあるのは「プラットフォームを常に進化させてきた結果」だという。

 「創業当時、Marc Benioffでさえ開発基盤を提供することまでは想定していなかっただろう。最終的にプラットフォームとして完成したのは、業務とのギャップを従来方式で埋めるために、ApexやVisualforceによるカスタムアプリケーションのコーディング環境ができた時だ」(内田氏)

 Apexでコーディングする以上、バグが出てくる可能性はあるし、プログラミングによってはパフォーマンスが悪くなることもある。当然、そうした手当てはユーザーがやる必要がある。ただ、Force.comで開発したアプリケーションは、ベースがバージョンアップされても動作が保証されるメリットがある。動作テストが不要なら、企業のIT管理者の負荷は低減される。

 カスタマイズ部分が影響することもない。それはなぜだろう。

 内田氏は「ソースコードに一切、手が入っていない」ことを理由に挙げる。「プログラミングといっても、カスタマイズ部分やアプリケーションコードは、すべてパラメータ(メタデータ)として格納されている。完全に独立したモジュールとして作成されており、メタデータを読み取って、保存データを表示させる機能さえ保証できればいい」という。

 セールスフォース側も、カスタマイズの中身がどうであれ、千差万別のカスタマイズパターンをすべてテストする必要がない。こうした仕組みはForce.comのコアテクノロジだ。ユーザーはカスタマイズを試しながら、改良していける。いわゆる、アジャイル型の開発手法が使えるわけだ。「クラウドでの開発で要件定義に長い時間をかけるのは無駄」と内田氏は言う。

セールスフォースのアプリケーションアーキテクチャ カスタマイズの設定情報はメタデータとして保持。カスタマイズ部分、インテグレーション、カスタムアプリケーションが、最新リリース上でシームレスに稼働する

 セールスフォースではOracleのRDBを用いている。その理由は、出自がOracleであるがゆえ、Oracleを熟知しているからだ。

 「Oracle Databaseは基本的にシングルテナント型。そのまま使ってもマルチテナント型のシステムはできない。そこでシングルテナント型のOracleの上に、マルチテナント用の新たなデータベースを乗せている。ユーザーがテーブルを生成したときに、Oracleのテーブルがそのままできているわけではない」と説明する。Oracle DBの上に汎用的なテーブルがあり、そこにすべてのユーザーのテーブルが混在している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]