編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「ベストセラーをクラウド化する必要はない」--セールスフォースに聞くPaaSの価値 - (page 3)

梅田正隆(ロビンソン)

2010-02-04 15:07

 前述したように、Force.comでは項目や型といった情報をメタデータとして持っており、それらの情報を別のルックアップテーブルに呼び出している。そこに表示するデータもリアルタイムに持ってくる。タブの構成、項目の並び順といった情報も含め、すべてがリアルタイムに生成される。とはいえ、どのようにすれば高速に生成できるのか。その仕組みは明かされていない。いわばそこが、同社の差別化要因のひとつでもある。

エンタープライズアプリの「ロングテール」

 Force.comではJavaもPythonも.NETも動かない。そのため、それらの言語で開発されたアプリケーションを移行するには作り直すしかない。企業はForce.comのメリットを得るために、アプリケーションをForce.comに移すべきだろうか。

 これについて内田氏は「すべての業務をForce.comに移す必要はない。Amazon、Google、Azure、Salesforceには、それぞれに得意不得意があるため、いいとこ取りをお勧めする」と話す。

各サービスの利点 各サービスの利点を「いいとこ取り」で使うのが究極のPaaS利用法

 「例えば、メールはGoogle、CRMはSalesforce、.NETはAzure、JavaはAmazonといった、各クラウドのメリットを生かす使い方をしていけばいい」と内田氏。セールスフォースは、もともとオンプレミスで失敗したアプリケーション(CRMやSFA等)をクラウド化して成功した。「エンタープライズアプリケーションの世界におけるロングテール理論。ベストセラーを無理してクラウドにする必要はない」という。

 最後に、コールセンター系システムのバージョンアップ版である「Service Cloud 2」の特徴について聞いた。

 内田氏によれば、「1つはSNSとの連携だ」という。クラウドサービスは、コンシューマー系のSNS(例えばTwitterやFacebook、mixiなど)と基本的にシームレスに連携できる。

 「コールセンターは顧客を待っているのでは遅い。顧客のつぶやきをリアルタイムにキャッチして、いち早くフォローする。あるいはコミュニティの意見をいち早く自社のソリューションに取り込む。そうした連携の仕組みを提供する」と説明する。

 Service Cloud 2では、CRMクラウドサービスがSNSとリアルタイムに連携するようになる。これも企業にとってリアルタイムの新しい価値の1つと言えそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]