編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「みんなで共有 みんなで漏えい」--かるた遊びで情報セキュリティ意識を高めるイベント開催

富永康信(ロビンソン)

2010-02-04 18:01

 毎年2月2日といえば、夫婦の日(ちなみに11月22日はいい夫婦の日)、バスガールの日(1920年に初登場)、そしてなぜか頭痛の日となっているのだが、IT業界に身を置く者なら「情報セキュリティの日」であるということを心しておかねばならない。

なんで2月2日が「情報セキュリティ」の日?

 情報セキュリティの日は、2006年2月2日に内閣官房長官が議長を務める第7回情報セキュリティ政策会議で「第1次情報セキュリティ基本計画」を制定した日にちなんで設置されたもの。以後、「国民各層の幅広い参加を得た情報セキュリティ意識の向上と理解を深める取り組みを、官民挙げて集中的に実施する」と定められた。

 それを実践したのが、日立システムアンドサービス(以下、日立システム)が開催する「セキュリティいろはかるた大会」である。IT業界の振興と人材育成を目指した取り組みの一環として毎年開催されている。例年は新春のイベントをうたい1月下旬に開かれていたのだが、5回目となる2010年は情報セキュリティの日に合わせて、2月2日に実施された。「セキュリティを楽しみながら学ぶ」をテーマに、普段はライバル関係にあるSIerの対抗戦と、情報セキュリティに関心の高いNPO法人対抗戦の2本立てで行われた。

IT人材の確保や情報セキュリティ向上にライバルはない

 午前中に行われたSIer対抗の第1部は、NTTデータ、NECソフト、東京計器インフォメーションシステム、日立ソフトウェアエンジニアリング、PFUの5チームに加え、日立システム社内から3チームの、合計8チームによって争われた。

 競技開始に先立ち、日立システムの執行役常務兼取締役で、人事総務本部長を務める新美雅文氏が「日本全体におけるIT人材の確保、情報セキュリティ意識の向上という面では(競業各社と)競い合うことは何もない。むしろお互いに情報や知恵を共有し合い、交流していくことが大事だと考えている」と挨拶した。

 その後、3人1チームとなり、個人戦と団体戦で札の取り合いが白熱した結果、第1位はPFU、第2位はNECソフトという結果となった。

SIer対抗戦 日ごろのライバル同士が「セキュリティかるた」で火花を散らしたSIer対抗戦

 また、午後に行われたNPO対抗の第2部では、湘南ふじさわシニアネット、骨質改善協会、パブリックリソースセンター、NPOサポートセンター、「育て上げ」ネット、GLI(Global Links Initiative)、日本NPOセンター、市民活動フォーラムみのおの8団体が参加。

 団体での優勝は日立システムの営業チームが獲得。個人戦では、湘南ふじさわシニアネットの鉄井光雄氏が見事優勝を果たし、若者を押しのけてシニアパワーを見せつけた。

NPO対抗戦 NPO対抗戦で個人優勝を獲得したNPO湘南ふじさわシニアネットの鉄井光雄氏(右)

かるた遊びを切り口に情報セキュリティを理解

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]