IBM、「POWER7」搭載の新システムを発表

文:Matthew Broersma(ZDNet UK) 翻訳校正:湯木進悟 2010年02月09日 09時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、次世代送電網「スマートグリッド」の制御や金融市場の分析など、リアルタイムに大容量のデータ処理を進めるために強化された新たに「POWER7」プロセッサを搭載する複数の新システムを発表した。

 米国時間2月8日に発表されたPOWER7チップは、45ナノメートルプロセス技術で製造され、電力効率の向上といった機能も備えている。IBMは、ロンドンなどの人口密度の高い大都市圏のデータセンターではこうした重要性が増していると述べている。

 IBMは、POWER7を搭載する新たな4つのシステムを発表した。「Power 780」は、最大64個のコアを搭載可能なハイエンドサーバであり、「TurboCore」と呼ばれる新機能に対応している。「Power 770」は、最大64個のコアを搭載可能なミッドレンジのエンタープライズサーバである。「Power 755」は、32個のコアを搭載した高性能コンピューティングクラスタノードであり、分析作業向けに設計されている。「Power 750 Express」は、電力効率の向上を目指して設計されたミッドレンジサーバであり、旧モデルとなる「Power 550 Express」の4倍の処理能力が搭載されている。

 また、IBMは、「Systems Director」管理ソフトウェアの最新版も発表した。

 いまや各POWER7プロセッサには8個のコアが搭載されており、各コアは4スレッドの処理性能を備える。これは、「POWER6」システムに搭載されていた、各プロセッサに2個のコア、各コアに2スレッドの処理性能からアップグレードされている。つまり、各POWER7チップでは同時に32のタスク処理が可能となっており、POWER6チップでの同時に4スレッドの処理性能という設計から向上している。さらに、新設計ではL3キャッシュのオンチップメモリへと移行が進み、RAMは静的ではなく動的に実行される。つまり、1ビットあたり6個のトランジスタではなく1個のトランジスタを使用するため、いくらかパフォーマンスは犠牲となるが、より小さなダイに多くのキャッシュを備えることが可能となる。IBMは、まだパフォーマンスを示す詳細な数値データを公表していない。

 同社は、1個のチップで最高32スレッドの同時処理を実現するPOWER7の性能により、インターネット経由で膨大な量のスマートメーター計測を処理するといった、インターネットベースのリアルタイムな作業の処理能力が改善することになると説明している。とはいえ、Power 780などの特定のサーバシステムは異なるコンフィギュレーションでも実行可能である。この異なるモードはTurboCoreと呼ばれており、4個のコアのみで動作しつつ、各コアのキャッシュメモリおよびメモリ帯域幅を増やすことができる。TurboCoreにより、コアごとにライセンスされたソフトウェア利用のコスト削減が実現すると、IBMは述べている。

 また例えば、「Intelligent Threads」機能により、スマートグリッドのタスク向けにはスレッドを増やしつつ、各スレッドの高速処理の重要性がより高まるデータベース処理や分析といったタスク向けにはスレッドを減らすなど、同時に実行されるスレッドの数をサーバ側で調整可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算