編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

仮想化の計画に際して考慮しておくべき事項10選 - (page 3)

文:Brien Posey(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-02-16 07:00

#8:どのようなソフトウェアライセンスが必要となるのか?

 ソフトウェアを仮想環境下で動作させる場合、通常のライセンスが適用されないこともしばしばある。例えば、Hyper-Vを使用しているのであれば、ゲストマシン上で稼働するWindows OSのライセンスは必要ない場合もあるだろう。しかし、実際のライセンス要件は使用しているWindowsのバージョンによって異なってくるため、すべてのケースに対して類型化された答えがあるわけではない。このため、ゲストマシン上で動作させるOSやアプリケーションのライセンス要件を把握しておく必要がある。

#9:仮想化によって使う必要がなくなったサーバハードウェアはどうするのか?

 仮想化によって使う必要がなくなったサーバが数多く出てくることもしばしばある。何台かは仮想化ホストとして再利用できるかもしれないが、不要であるという判断を下すことになる場合もあるだろう。いずれにせよ、仮想化によって使う必要がなくなったサーバをどうするかについて考えておくべきである。

#10:既存のサーバクラスタはどうするのか?

 クラスタノードを仮想化できる場合もあるものの、ノードを物理的なハードウェアにしておいた方がパフォーマンスに優れているということが判明するかもしれない。クラスタノードを仮想化する場合、ノードすべてを同じホストサーバ上に配備しないようにする必要がある。さもなければ、そのホストサーバが単一障害点となってしまうため、クラスタを使用する意味がなくなってしまうだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]