編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「MS10-015」の配信を停止--「死のブルースクリーン」障害発生の報告受け

2010-02-15 11:05

 Microsoftが米国時間2月9日に公開したセキュリティ更新をインストールした一部のWindowsユーザーから「死のブルースクリーン」の障害が報告されている問題で、Microsoftは11日夕にブログを公開し、問題視されているセキュリティ更新「MS10-015」の「Windows Update」経由での配信を停止したことを明らかにした。同社はブログで、「初期調査ではMS10-015(KB977165)インストール後に問題が発生するようだとの感触を得ているが、問題がMS10-015固有のものなのか、他のコンポーネントやサードパーティー製ソフトウェアとの相互運用性の問題なのかは明らかになっていない」と述べている。

We also stopped offering this update through Windows Update as soon as we discovered the restart issues.

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]