SQL Server 2008 R2日本語版のライセンス販売は5月1日から--プロセッサ課金の価格優位性を強調 - (page 2)

柴田克己(編集部)

2010-02-19 16:17

「組織」「チーム」「個人」のBIを結合するセルフサービスBI

 SQL Server 2008 R2の機能面で、注目されている強化ポイントのひとつが「セルフサービスBI」だ。これは、現在2010年上半期中のリリースが予定されている「Excel 2010」との組み合わせで、エンドユーザーが社内のIT部門の力を借りずに、大量のデータを自由に加工、分析できるもの。マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部プロダクトマネージャーの松澤純氏は「セルフサービスBIにより、従業員が自分でBIを行えるようになり、IT管理者は本来の仕事にリソースを割けるようになる」と、そのメリットを説明する。

 セルフサービスBIは、具体的には「SQL Server PowerPivot for Excel 2010」と呼ばれるアドインとして提供される。これは、クライアントPC側のメモリに、SQL Server Analysis Servicesで提供されるサーバ上の多次元キューブからデータを読み込み、クライアント側のExcelで他のデータソースからのデータと統合したり、加工するためのツールである。

PowerPivot 「SQL Server PowerPivot for Excel 2010」をアドインとして導入すると、サーバ側で管理されているキューブのデータをクライアント側に読み込み、高速かつ自由に加工、分析することが可能になる。

 「PowerPivot」は、その名が示すとおりExcelの分析ツールであるピボットテーブルの強化版といった位置づけになる。アドインを追加することにより、Excel 2010に「PowerPivot」のタブが表れ、データの読み込み、キューブの加工といった作業が可能だ。また、外部データの取り込みも容易に行えるよう工夫されており、取得したRSSフィードのウィザード形式によるインポートや、HTMLテーブルのコピー&ペーストによる取り込みといったこともできる。分析の結果は、「Reporting Services」を利用して表現力の高いレポートとして加工整形できる。Reporting Servicesは、地理情報を持つデータを地図データと組み合わせて表現するレポート作成機能を新たにサポート。Excelでも利用可能な「データバー」「インジケーター」「スパークライン」といったデータのビジュアライズが使えるようになり、より表現力を高めているという。

 さらに作成した分析レポートは、「SQL Server PowerPivot for SharePoint 2010」と呼ばれるコンポーネントを使うことで一元管理できる。これは、個人で作成した分析レポートをSharePoint上で「ギャラリー」として共有するためのもの。個人で作成した分析レポートの容易な共有が可能なほか、システム管理者は、サーバ上にあるレポート、シートの利用状況などをダッシュボードで一元管理できる。

 これらの新機能やアドインにより、組織、チーム、個人のそれぞれのレイヤでBI分析を行い、共有することを目指した「セルフサービスBI」のコンセプトを実現するとしている。

Reporting Services 「Reporting Services」では、地図データを使ったデータのビジュアライズが従来よりも大幅に容易になるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]