編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IIJ、送信したメールを一時保留できる機能を追加--誤送信を防止

吉澤亨史

2010-02-23 14:34

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月22日、メールセキュリティ製品「IIJセキュアMXサービス」において、メールの送信を一時的に保留する機能を基本機能に追加した。

 IIJセキュアMXサービスのゲートウェイサーバ上で、ユーザーが送信したすべてのメールを一定時間保留する。メールの宛先、表題や送信予定時刻などの情報が記載された保留通知が送信者に自動送付され、利用者はメールの送信先が正しいかどうかを再確認できる。これにより、メールが誤った宛先に送信されることを防ぐ。

 保留通知には、送信メールを操作する専用サイトのURLが記載される。意図していない宛先にメールを送ろうとしていたことがわかった場合は、そのサイトから送信を取り消せる。サイト上から保留メールを即時に送信することも可能だ。

 保留時間は管理者が自由に設定できる。また、設定した保留時間を経過した場合に、保留メールを自動的に送信する、もしくは削除するという設定ができる。削除設定した場合は、保留時間内に利用者がサイト上で送信操作をする必要があるため、メール送信先の二重確認を義務付けられるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]