アマゾンとMS、特許クロスライセンス契約を締結

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-02-23 13:10

 MicrosoftとAmazonは米国時間2月22日、両社が特許クロスライセンス契約を締結したことを発表した。

 同契約の一環として、AmazonはMicrosoftに一定の対価(金額は明かされていない)を支払うという。ただしそれ以上の詳細は両社とも開示しなかった。

 今回の契約は、Amazonの製品「Kindle」と、同社によるLinuxベースサーバの使用を対象としたものだ。Microsoftは、以前から多くのLinux実装が同社の特許を侵害していると主張しており、Linuxベースのソフトウェアを販売する企業および自社のハードウェアにLinuxを使用している企業との間で、Linuxを対象とした多くのライセンス契約を締結してきた。

 Microsoftは、2003年の終わりごろから知的財産ライセンスへの取り組みを強化し始め、Novellやサムスン電子、富士ゼロックスといった多くの企業と契約を締結した。

 Microsoftの法務副責任者Horacio Gutierrez氏は、声明の中で次のように述べている。「今回Amazon.comとの間で特許ライセンス契約を締結できたことをうれしく思う。Microsoftの特許ポートフォリオはソフトウェア業界で最大かつ最強のものであり、この契約は、両社が相互に知的財産を尊重していること、そしてプロプライエタリソフトウェアであれオープンソースソフトウェアであれ、その知的財産の問題に関して現実的な解決策に達する能力があることを示すものだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]